体毛とサプリ

そもそも剛毛で毛深い体毛をサプリや豆乳はホルモンを整えて薄くする?

投稿日:

この記事の所要時間: 553

女性

クロ
黒男
剛毛な体毛(ムダ毛)はサプリや豆乳で薄くできたら良いよね。
うん、脱毛サロンに通わないで薄くできたらいいな。
赤男
赤男

このブログは、毛深い体毛をサプリメントや豆乳などで薄くしたい!と考えてる女性・男性の解決策のヒントになると嬉しいです。

脱毛器ケノン3つの特徴

  • (1)”機能!”発毛機能を弱める
  • (2)”安心!”純日本製
  • (3)”消音!”深夜でも使える
  • 脱毛器ケノンは、体毛の発毛機能を弱めて毛根から確実に薄くしていく家庭用の脱毛器です。
    ↓ ↓ ↓

    >ケノン・公式サイトはこちら


  • 愛用者が50万人突破!
  • 男性ユーザー300×250


    クロ
    黒男
    それでは、コラム『そもそも剛毛で毛深い体毛をサプリや豆乳はホルモンを整えて薄くする?』いってみよう!


    豆乳やサプリメントで体毛(剛毛)は薄くなる?


    体毛の濃さに影響をあたえると言われてるのが、性ホルモンのアンドロゲン(男性ホルモン)と、エストロゲン(女性ホルモン)です。


    男性ホルモン(アンドロゲン)は眉毛から下の体毛を育てるし、女性ホルモン(エストロゲン)は、頭髪の成長を助けると言われていますよね。


    もし、体毛を薄くするようなサプリや食べ物を選ぶとしたら、女性ホルモンがポイントですよね。


    女性ホルモンに関係してくる栄養素を摂ることで、男性ホルモンに大きく傾いていたホルモンバランスを整えるという考えは良いと思います。


    また、やってみる価値はあるかもです。


    例えば、イソフラボンは女性の身体の働きを助けると言われていて、ホルモンバランスを整えるのには定期的に摂っても良いと思いますよ。

    女性



    しかし、豆乳ローションを使用しても、イソフラボンを多く含む食材やドリンクなどを摂取しても、急激に体毛は薄くならないのは事実です。(急激に薄くなったら逆に怖い食材ですね)


    そう簡単に、サプリや食べ物系だけ体毛が薄くなるのなら、世界の脱毛業界は発展していませんし、多くのムダ毛に悩んでいる人たちはいなくなると思います。




    体毛を薄くさせる一般的な治療法としては、専門家に相談しながら女性ホルモンを投与すること。


    しかし、できれば自宅にいながら体毛を薄くさせる食材を摂りたいと思いますよね。


    病院やクリニックは最終手段にとっておきたいです。


    ただ、女性ホルモンに良いとされているイソフラボン系のサプリでは、短時間で女性ホルモンを爆発的に増やすことはできません。


    あくまでも、サプリは補助食です。


    イソフラボンサプリ


    だからと言って、サプリは無駄なのではなく、5年、10年といったスパンで補助的な位置づけで摂り続けることが大事なのです。


    何年も摂り続けることにより、体質が変わっていくことはあるかもしれませんね。


    たぶん、薬ではないサプリメントや食材の役割とは、そういうものだと思います。


    体毛が「濃い」「薄い」という変化を生じさせるのは、性ホルモンのアンドロゲン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)ですよね。


    男性ホルモンは、眉毛から下の体毛に影響を与え、女性ホルモンは頭髪の成長を促す働きを与えます。


    女性の方で毛深いことに悩んでいる場合は、卵巣でアンドロゲンが過剰につくられてる可能性もあります。


    男性ホルモンが過剰につくられると、体毛は濃くなり太くなります。


    また、皮脂の分泌量が増え脂性になり、肌のキメが粗くなります。


    そういった体毛が濃いという症状は、サプリでは薄くなったりしないのですね。


    また、多毛症ということもあります。(先ほどのホルモンの影響も、多毛症といえるのですが。)


    多毛症は大きく分けると2種類あります。


    1、無性毛型多毛症


    2、男性型多毛症(女性に多く見られる多毛症です)


    ※ この二つの症状が混雑している人も多くいます。


    無性毛型多毛症は、先天性と後天性のものがあります。


    先天性は、幼い頃から体毛が濃かったり、背中や腰、アザの上に体毛が生えてることもあります。


    後天性は、剃り毛による何らかの刺激、摩擦、ステロイドや男性ホルモンの外用、紫外線や赤外線などによる影響で剛毛になることも。


    また、成長期に拒食、無理なダイエットによる栄養とホルモンバランスの乱れで、多毛症を発症させることもあります。


    私個人的なことで言えば、先天的な症状の軽い無性毛型多毛症があり、高校生の頃に過激なダイエットをしたせいで、胸毛が生えてきたのではないかな?


    と個人的に感じています。


    また、ハゲではありませんが、髪の毛も細く全体的にスカスカで少ないです。


    女性に多く見られる男性型多毛症は、男性の多毛症のようにシンプルではなく、いろいろなことが重なって起こってるケースが多いですね。


    女性の男性型多毛症は、男性ホルモンの一種でもあるテストステロンの過剰分泌が主な原因です。


    また、生理的な男性型多毛症は、妊娠や閉経後などに、ホルモンバランスの乱れが生じ発症します。


    こういった多毛症の治療法は、先ほどもお伝えしたように女性ホルモンの投与による治療です。


    女性ホルモンの投与とは、ホルモンの投与により、ホルモン値を正常な値に近づけていく治療法になります。


    体毛が濃くなるという症状は、本当に様々な要因が重なり合っています。


    生まれつきのもの(先天性)、成長期に過度なダイエットや何らかの影響よる後天性のものなどがあり、サプリを飲んだから体毛が薄くなるというこは難しいですね。


    かりに、サプリを飲んだだけで体毛が薄くなっていくとしたら、これはもうサプリではなく、きちんとした専門家に処方してもらう薬として扱われるはずです。


    しかし、体毛が濃いということは精神的に辛く、すぐにでも治したいですよね。


    私もそうでした。


    カミソリ剃り、電気シェーバー、除毛剤といった、皮膚の表面上に見えてる「毛のみ」を応急処置的に除毛するのではなく、体毛を毛根から弱めて薄くしていくフラッシュ脱毛を始めてみるというのはいかがですか。


    脱毛していくたびに、新しく生えてくる体毛が細く弱々しくなり、生えてくるスピードも遅くなって徐々に薄くなっていきます。


    フラッシュ脱毛という技術は、レーザー脱毛と同じ原理です。


    毛根部分や周辺組織に特殊な光(フラッシュ)を照射させ、毛を作る毛母細胞にダメージを与えていきます。


    もし、サプリを飲んで体内から体毛の成長を抑えて、ムダ毛を薄くしていこうという根本的な解決策を考えていたなら、


    脱毛することによって、毛根から根本的に弱らせていく脱毛法は、サプリで体内から体毛の成長を抑えるという解決策に近いのではないでしょうか。


    体毛を、「根本的に」薄くする、というゴールはフラッシュ脱毛も同じです。


    フラッシュ脱毛は、厚生労働省が定めた基準値以下なら医療行為にはならず、脱毛エステサロンや家庭用脱毛器を中心に普及している脱毛技術なんですね。


    このブログで提案している家庭用脱毛器も、体毛を根本的に解決するフラッシュ脱毛器です。


    サプリだけでは体毛を薄くすることはできませんが、補助的な位置づけで栄養バランスを考えて摂ることには良いと思います。


    でも、難しく考えないでくださいね。


    あなたの体毛は現代の脱毛技術では薄くすることはできますよ。


    体毛が濃くなってくると、周りの人にバレたくないから、堂々と脱ぐことができなくなり、友達と旅行に行けなくなったり、色々な場面で自己規制をしてしまってると思うんですね。


    家庭用の脱毛器でコッソリ脱毛して、ムダ毛のなかった頃の昔の生活を取り戻してみませんか。

    ↓ ↓ ↓

    >>体毛を薄くする脱毛器・詳細コラム


    -体毛とサプリ
    -,

    Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.