ボディ

男の肌を綺麗にケアするには皮脂のコントロールが重要!

投稿日:

この記事の所要時間: 241

男の肌を綺麗にケアするには皮脂のコントロールが重要!


男の肌は女性に比べて皮脂の分泌量が2倍以上あると言われています。


男性の肌は、皮脂が多く毎日のカミソリ剃りやシェービングなどで角質を削っていたり、想像以上に肌に負担を与えています。


思春期から成人にかけて、男性ホルモンの増加で体毛が太くなり、皮脂の分泌量も増えて、少しずつ成人男性の身体に変わってくると思うのですね。


そうした段階で、皮脂の量が多くなり成人男性は顔のテカリが出てきます。また、大量に分泌されだした皮脂が毛穴に詰まり、肌トラブルの原因を作ってしまうこともあります。




それに加えて、髭剃りの肌への負担があり、人によっては色素沈着の原因になってしまう可能性もあるのですね。(実際に悩んでいる男性は多いと思います。)


男性の肌は、上手に皮脂をコントロールしてあげることが重要になってきます。


男の肌を守るためにも皮膚の構造を少しだけ知っとくことも、どこにスキンケアが効いているのか、ということを意識することができ、化粧品選びの参考になると思いますよ。


皮膚は1枚の薄い膜のようなもので身体を覆ってるようなイメージかもしれませんが、実は、2つの構造で成り立っています。


肌を知ることはスキンケアの基本


皮膚は上から「表皮」「真皮」という組織構造からできているのですね。


表皮の役割は、外部から身体を守ることです。外部から体内に異物が入らないように身体をガードする役割を担っています。また、体内を乾燥させないための蓋のような役割もしているところも特徴の1つです。


表皮の下にある真皮の役割は、弾力をもたせて肌をふっくらと持ち上げる役割をしています。言わばクッションのような働きでハリと弾力を保つ働きをしているのですね。




年を重ねてくると、真皮の弾力性がなくなり、たるみやシワの原因にもなってしまうことも . . .


この真皮にどれだけ弾力を取り戻すことができるかで、顔の印象は変わってきます。


たぶん、大げさに言えば、コラーゲンやヒアルロン酸などで、真皮に弾力をどれだけ維持させられるのか、または、取り戻すことができるのか、がスキンケアの要になってきます。


このように、肌には表皮と真皮という2つの働きで守られているのです。




また、皮膚の90%以上を真皮が担っていて、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分で肌の弾力を保っています。


肌は紫外線などの影響でメラニン色素ができシミを作ります。


男性の髭剃りの刺激から色素沈着のようなものもあると思いますが、それも一種のシミだと思うんですね。


出来てしまった本格的なシミを自力で治すことは難しいですが、できるだけ刺激を与えないようにして、ビタミンC誘導体などを配合した美白作用がある美容液などで予防することも大切です。


男の肌は、毎日の髭剃りで乾燥していることもあり、意外にデリケートな部分を持っていますので、美容液などでケアするということも大事だと思います。


また、このブログでは、メンズ脱毛店や脱毛器を紹介していますが、髭を脱毛や減毛することにより、髭処理の回数を減らすことができます。


髭剃りの回数を減らすことにより、肌への負担を減らしシミや色素沈着、ニキビや吹き出物といった肌トラブルのリスクを減らすことも可能だと思うのですね。


髭の脱毛を含めたスキンケアを視野に入れてみてもよいかもしれません。
↓ ↓ ↓

>>メンズ脱毛店&男の脱毛器を紹介


-ボディ
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.