胸毛脱毛

男の髭脱毛器|髭を脱毛して他人の視線を集めない

投稿日:

この記事の所要時間: 523
赤男
赤男
できれば、サロンに通わないで自宅にいながら髭の脱毛したいよな。
そうだね。通い続けるのは面倒だしね。
クロ
黒男

このコラム記事は、自宅(家)にいながら髭の脱毛をしたい男性の、髭脱毛の解決策のヒントになると幸いです。

ケノン特徴

  • 毛根から発毛機能を弱め
  • 誰にもみられない
  • 自宅で全身脱毛

照射力がアップしたケノンを活用して、自宅で本格的なフラッシュ脱毛してみませんか。
↓ ↓ ↓

>>ケノン・詳細はこちら

ポイント

購入者の43%が男性です。

ケノン男

  • 多くの男性が使用しています!
  • 男性ユーザー300×250

    クロ
    黒男
    このブログが髭脱毛の解決策になると幸いです。それでは、『男の髭脱毛器!髭を毛根から破壊・死滅させて他人の視線を集めない方法?』いってみよう!

    男の髭脱毛器(毛根から弱らせる!)

    自宅にいながら、体毛の毛根を弱らせて、髭(ムダ毛)を少しずつ薄くさせるには、毛の毛根にダメージを与えて根本的に弱らせることができるフラッシュ脱毛が向いています。

    自宅にいながら毛根にダメージを与えて、髭(ムダ毛)の発毛機能を弱らせて薄くさせるのは、フラッシュ脱毛を採用した家庭用の脱毛器が効率よく薄くしていきますよ。

    ただ、男性ホルモンなどの影響により、効果を感じるまで人によっては1年、2年と時間がかかったり、期待通りの効果を感じることが難しいという男性もいるかもしれません。

    こればっかりは脱毛してみないと分かりませんので、不安な人はこのブログでも紹介している男性専門のメンズ脱毛サロンです。

    でも、自分で「髭が太く濃い!」と感じてる場合、他人の視線が凄く気になってストレスになりますよね。

    実際に営業職で働いている男性なら、商談中にお客様の視線が気になって集中できないということもあると思うんじゃないかな。

    脱毛器をランキングしていますので、自宅で髭の脱毛するときの参考になるはずです。↓ ↓ ↓  

    >>脱毛器ランキング・詳細を見てみる

    脱毛器の特徴とは?

    家庭用の脱毛器は買い切り型です。

    サロンやクリニックのように契約に縛られることがありません。

    何度も何度も、繰り返し繰り返し、毛穴から毛根に特殊な光を照射させて地道に脱毛していきます。

    繰り返しても、繰り返したも、追加料金を心配することなく脱毛することができる自由度の高さが1番の強みかな。

    毛穴から毛根に特殊な特殊な光線を照射させる積み重ねによって、少しずつムダ毛にダメージを与えて薄くさせていくのが家庭用の脱毛器なんですね。

    特殊な拡散光を毛穴から照射させる回数の積み重ねで「毛」を弱めていきます。

    家庭用の脱毛器は、エステサロンや医療クリニックのように契約期間やコースの照射回数の縛りがなく、あなたの納得いくまで脱毛が自宅で行なえるところが強みです。

    ただ、医療レーザー脱毛のように、100%毛根を死滅させることはできないため、脱毛器は永久脱毛ではありません。

    しかし、フラッシュ脱毛の基本原理はレーザー脱毛と同じです。

    毛穴から特殊な拡散光を照射させる回数を繰り返すことで、毛根とその周辺組織にダメージを与えて、毛の成長機能を少しずつ弱めていきます。

    家庭用の脱毛器の強みは、脱毛回数を積み重ねることが自由にできるということ。

    医療系のレーザー脱毛のように、「強力なストレート1発でKO!」というわけではなく、少しずつ地道に脱毛していきます。

    何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、毛根にダメージを与えることで徐々に発毛機能を弱めいくタイプの脱毛です。

    その自由度の高さが、最大の武器なのですね。

    自宅で髭の脱毛は脱毛器がベスト?

    カミソリ、除毛剤(クリーム)、毛抜き脱毛器、といろいろな除毛処理がありますよね。

    でも、自宅で確実に毛根を弱らせる脱毛方法は、脱毛サロンと同じフラッシュ光線を毛穴から毛根に照射させるフラッシュ脱毛器です。

    毛のメラニン(黒色)に反応して毛穴から照射するので、剛毛で太いムダ毛の脱毛を得意とする脱毛がフラッシュ脱毛という技術です。

    単純にツルツルにするのではなく、ムダ毛に特殊な光を照射して毛を弱らせていきますので、光の照射回数やレベルを調整することで、ムダ毛を薄くさせることもできますよ。

    体毛の濃さや太さは人それぞれで効果のスピードには個人差はありますが、毛穴からフラッシュ光線を照射された毛根は確実に弱っています。

    その照射を何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、毛穴から照射させることで、徐々に毛根を弱めていくのですね。

    脱毛のタイミングや毛の太さ、体質やホルモンバランスにもよりますが、脱毛する部位によっては、2〜3回の照射で、成長機能が弱まってると実感できる毛根も出てきますよ。

    脱毛は、毛穴から詳細回数が多ければ多いほど、毛にダメージを与えることができます。

    家庭用の脱毛器なら、先程もお伝えしたように、サロンやクリニックのように、コースの期間や脱毛回数の制限もなく、予約することもないので、誰にも気を使わずにあなたの納得いくまで何度でも脱毛ができますね。

    お店との関係や追加料金を心配する必要もありませんよ。気楽です。

    例えば、抜いたり、剃ったりする除毛法は、毛穴自体を傷つけてしまいますよね。

    また、ちぎれた体毛が皮膚の下に埋もれてしまって、埋没毛(埋もれ毛)になったり、毛穴自体が炎症を起こしてしまったりする恐れもあります。

    フラッシュ脱毛器は、毛を抜くタイプの脱毛器ではありません。

    先程お伝えしたように、美容クリニックの医療レーザーと同じような原理で、特殊な光を毛根部分に照射して、毛根を弱らせて髭(体毛)の成長を弱らせていきます。

    毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりするムダ毛処理は、その手軽さゆえに簡単に誰でも続けられる最もポピュラーな除毛法のひとつですが、何度でも直ぐに新しい毛が生えてきます。

    フラッシュ脱毛器なら、使用するたびに(約2週間に1回のペース)徐々に毛が生えてくるスピードが遅くなり、少しずつ生えてこなくなるのですね。

    (慣れてくれば自分の照射ペースでOKです。)

    脱毛は定期的に繰り返す回数がとても重要です。

    家庭用の脱毛器は、あなたのペースで繰り返すことができる自由があります。

    髭が濃いと朝剃っても夕方には生えてくるという男性も多いです。

    営業や接客業といったコミュニケーションを重要視する職業なら、処理をどうしたら良いのか本当に迷うと思うんですね。

    フラッシュ脱毛器は髭の毛根にダメージを与えて発毛機能を弱らせます。

    定期的に脱毛していくうちに徐々に生えるスピードが遅くなり、毎朝の髭剃りをしなくても良くなりますよ。
    ↓ ↓ ↓

    >髭脱毛器・詳細コラムをみる<

    -胸毛脱毛
    -,

    Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.