陰毛の脱毛

メンズvio脱毛は女性スタッフでは恥ずかしいと感じるあなたへ

投稿日:

この記事の所要時間: 529

メンズvio脱毛は女性スタッフでは恥ずかしいと感じるあなたへ


メンズvio(竿、金玉袋、肛門周りの毛)がびっしり生えている場合、エステサロンや医療クリニックに通って、きちんと脱毛してスッキリさせたいと思うんですね。

男vio 女性スタッフ

とくに、陰部が毛深かったら女性とのセックスの時に気持ち悪がられないか?という不安もあります。私の経験として、メンズ(男)のvioとは関係ありませんが、胸毛が生えてるだけでセックスの時に上半身を脱ぐことができませんでした。それくらい体毛が濃く毛深い体質というのは気持ちが萎縮してしまい対人関係にも影響を与えてしまいます。


もし、女性スタッフにvio(竿・金玉袋・肛門周りの毛)の脱毛をされるのを恥ずかしい!と感じるなら無料カウンセリングから、実際のvio脱毛まで、毛髪理論から皮膚理論まで学んでいる専門の男性スタッフが対応してくれるメンズ脱毛サロンRINX(リンクス)があなたに向いています。

メンズvio男性スタッフでok

たぶん、そんなに毛深くない男性ならそれほど気にならないのかもしれませんが、私のように胸毛から陰毛(肛門周りの毛)までびっしり生えている毛深い体質なら、施術前は綺麗に剃りますが、女性スタッフに脱毛施術をお願いするのは逆に申し訳なくなります。


「相手もプロだからそんなこと気にしないから大丈夫だよ!」と言われると思います。もちろん、そのへんは十分に理科しています。スタッフはプロなので多くの毛深い男の肛門を脱毛してきたと思うんですね。


しかし、これは女性スタッフが気にしないという問題ではなく、毛深い身体と何十年と付き合ってきてコンプレックスを抱えてきた私が気になり、相手に対して申し訳なくなる、という勝手な思い込みなのですね。そういう女性の方に、毛深く汚い自分の陰部を脱毛してもらうことに申し訳ないな、と感じる人には、メンズ脱毛サロンRINX(リンクス)は向いていると思うんですよ。


ま、平たく言えば気を使う男性はリンクスを選んでおけばOKです。通うたびに申し訳ないと思う気持ちがストレスになってはお互いに良くないと思うんですね。もちろん、そういうことを気にせずに女性スタッフが男性の陰部(竿、金玉袋、肛門周りの毛)を脱毛してくれるサロンで脱毛をお願いすることには賛成です。脱毛には色々な選択肢があって良いのだと私は思うのですね。


メンズ脱毛サロンRINX(リンクス)のスタッフさん達は、接客を含めたメンズ脱毛に関する専門分野に特化したプロフェッショナルとして、さまざまな実習や研修を受けているそうです。だから、実際に体験した人の接客に関する評判が良いのだと思います。(想像や思い込みではなく、実際にリンクスに通ってたことのある人のレビューいうところがポイントです。)


また、脱毛機メーカーと共同に開発したオリジナルの脱毛機を使用しており、脱毛機の製造からプログラムまでの高度な脱毛機器の正しい扱い方を学んでいます。脱毛をやってみれば分かりますが、RINX(リンクス)のオリジナルの脱毛機は、男性の1本1本が太く濃い体毛を脱毛できるのは当然ですが、何と言っても産毛までも綺麗に脱毛できるというところが凄いですね。


フラッシュ脱毛という技術は、毛のメラニン(黒色)に反応させてダメージを与えていきますよね。できれば太く濃い毛のほうが脱毛しやすいと言われています。産毛までも確実に脱毛できるというのは脱毛の時間を短縮でき、脱毛料金を抑えることができるかもしれませんね。


もし、ペニスや金玉袋、肛門を、いくらスタッフさんとは言え、女性に見られることに抵抗があるなら、また、できるだけ効率良くサクッと脱毛を済ませたいなら、リンクスの脱毛スタイルはあなたに向いていますよ。


色々な脱毛法や脱毛サロンを検討してきていると思うんですね。やっぱり、ペニスや金玉袋、肛門周りの毛を他人に見られるのは恥ずかしいですよね。


リンクスは、無料カウンセリングから脱毛まで、教育を受けたプロの男性スタッフさんがフレンドリーに接してくれますよ接客も一流です。

>RINX(リンクス)詳細コラム

リンクス




とは言っても、陰部(竿・金玉袋・肛門)を、他人に定期的に見られるのに抵抗があるという男性は多いです。ペニス(竿)、陰嚢(睾丸・金玉袋 )、肛門周りの毛、を脱毛するときに、女性スタッフがするのか、男性スタッフが脱毛をするのか?という問題が気になるのはしょうがないかもしれません。


陰部を同姓(男)に触られるのに抵抗がある、気持ち悪い、という人もいますし、女性スタッフに竿や陰嚢(睾丸・金玉袋 )、肛門をガン見されるのに抵抗がある、という男性も多いです。


また、男のペニスは生理現象があるので、女性スタッフに触られると勃起するのでは?という心配もありますよね。


でも、不思議なものでこれって、男性の深層心理の中で何だか風俗選びに似てる気がするのですよね。男性に見られるのが気持ち悪い、とか、女性スタッフに触られると勃起するのでは?とか、性的な場所としてエステサロンを捉えてる感じがします。


例えば、エステサロンでのvioの脱毛を、病院の診察というふうに捉えてみると、もう少し客観的に見ることはできないでしょうか。エステサロンの脱毛ではなく、病院の診察と考えた場合、もう少し客観的にエステサロン選びができると思うのです。


勃起といった生理現象は、そうとらえても無理なのかな?しかし、少なくとも男性に陰部を触られるのに抵抗があるとか、女性スタッフに触られたほうがまだマシとか、そういった視点からのエステサロン選びはなくなるのではないでしょうか。


客観的に私は男性にも女性にも、自分の毛深く汚い下半身と上半身を見られるのに抵抗があり、申し訳なくなる気持ちがありました。だから、ぶっちゃけ言うと、メンズエステサロンに通うでもなく、医療クリニックに通うでもなく、実は家庭用の脱毛器での脱毛を選択しています。


正直言うと、どちらでも良いと思うんですよね。メンズエステサロンを選んでも、医療レーザー脱毛を選んでも、家庭用の脱毛器を選んでも、ゴールは脱毛することです。基本的にどれを選択しても現代の脱毛技術では失敗はありません。


もし、あなたの中で男性スタッフでも、女性スタッフでも関係なく、実は他人に自分の裸を見られるのに抵抗がある、という深層心理があるなら、家庭用の脱毛器も視野に入れてみませんか。


「家庭用の脱毛器って、エステサロンやクリニックに比べてパワーが弱くね?」と不安に思いますよね。実際、そうだと思います。エステサロンや医療クリニックの業務用の脱毛機に比べて1発、1発の照射パワーは抑えられてると思います。実際に脱毛に時間がかかるのも事実です。


しかし、このブログでは何度もお伝えしていますが、家庭用の脱毛器は買い切り型です。1度購入さえしとけば、エステサロンやクリニックのように契約の縛りがなく、解約や違約金といった面倒くさい法的なことを気にすることなく、あなたの納得いくまで自宅でvio(竿・金玉袋・肛門)の脱毛を誰にも見られることなくこっそりできます。


確かに、業務用の脱毛機に比べてパワーは弱いです。しかし、買い切り型の脱毛アイテムです。納得いくまで照射回数を増やしていくことができますよ。また、コースの回数や時間を気にすることなく照射パワーの足りなさを回数で補うことができる自由度があります。もちろん、追加料金などの心配をしなくても良いですしね。


脱毛は色々な選択肢があって良いと思います。あなたの経済状態や職場環境、生活スタイルによっても選ぶ脱毛スタイルは変わってきます。


もし、他人の前で裸になることに抵抗があるなら、家庭用の脱毛器はあなたの脱毛スタイルに向いていると思いますよ。家庭用の脱毛器を選択肢の1つに入れてみてはいかがですか。


難しかく考えないでくださいね。現代の脱毛技術では、あなたの陰部の毛を脱毛することはできます。メンズエステサロン、医療クリニック、家庭用の脱毛器、どれを選択しても失敗はありませんよ。

>脱毛器ケノン・詳細コラム


-陰毛の脱毛
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.