女装の脱毛器

男の青ヒゲやスネ毛に本当に効果のある脱毛器

投稿日:

この記事の所要時間: 525

本当に効果のある脱毛器

全身脱毛したい女装子(男の娘)さんはケノンを選ばないとコスパ的に損です。


家庭用脱毛器で1番気になることは、大きく分けて3つあります。




1、本当に、きちんと脱毛処理ができるのか?


2、使用するうちに、もとは取れるのか?


3、持っていて損はない?




つまり、コスパと実績。


ケノンは1ショットあたりの単価が、0.15円です。10回、脱毛処理して1.5円。


脱毛は毛の周期と関係してくるので、月に1〜2回くらいのペースで行います。




それを、繰り返していくうちに、ムダ毛自体が弱々しくなっていき、次第に生えてこなくなります。


もちろん、毛の質や量によって、生えてこなくなるまでの、時間は変わってきます。


また、全てのムダ毛が、すぐに生えてこなくなるのか?と言われると、その人の体質、毛の周期、生活習慣、食生活などから、大きく変わってきます。




ケノンで、脱毛処理すると、結果的に生えてこなくなった、という確率が、単純に他の脱毛器に比べて、高いというだけです。


つまり、確率的に、他の脱毛器に比べて、圧倒的に優れてる、というだけ。


また、ケノンで、脱毛可能な箇所も、女装するときに、ツルツルにしておきたいと、考えられるすべての体毛を脱毛処理できます。



脱毛は、気になる箇所の脱毛を終えると、他の部分もしたくなります。


気軽に全身脱毛ができる、フラッシュ脱毛器ケノンは、圧倒的にコスパが優れています。


時間もお金のコストも抑えられ、パス度も高める働きが、あるということ。


そう考えると、完パスまでのコストも、他社の脱毛器に比べると、圧倒しています。


フラッシュ脱毛器ケノンは、痛みの少なさ


レーザー脱毛器や、毛を抜くタイプの脱毛器は、本当の痛いです。


痛いうえに、毛穴を傷つけてしまい、シミや黒ずみの原因になりかねません。


フラッシュ脱毛器ケノンは、痛みが少ないのが特徴です。




せっかく、キレイになってパス度を高めるために、脱毛するのだから、肌への負担も抑えたいもの。


脱毛器の歴史を見てみても、毛穴のトラブルや、肌への負担、肌荒れ、炎症、色素沈着といった、肌トラブルに悩まされてきました。


逆に言えば、そういった先人たちの失敗や苦労が、家庭用脱毛器を、進化させてきたとも言えます。




そのような、脱毛器の歴史を研究し、開発を繰り返してきた、フラッシュ脱毛器ケノンは、10段階の照射レベルが選べるように開発され、色々な人の肌質に合わせて脱毛処理ができるようになっています。


たとえば、1人の肌質でも、体調や仕事環境、ストレス、ライフスタイルに応じて、色々な肌質に変化していきます。




そして、脱毛は、ニキビ肌、乾燥肌、敏感肌、脂性の肌、アトピー肌、と体調の変化に影響されます。また、それに影響を受けて、痛みを感じにくい肌質や、痛みを敏感に感じる肌質など、様々な肌の状況に変化していくのが普通です。


とくに、女性の場合は、ホルモンバランスの変化や、生理、といった体調の変化で大きく変わってきます。




そうした、めまぐるしく変わる肌質にも、クォリティを落とすことなく、きちんと自宅で脱毛ができるように、照射レベルが10段階も用意されているのです。


自分の肌のコンディションと相談しながら、無理しないで、慎重に本格的な脱毛処理が、自宅で実現できます。


1ショットの面積は?(結局コスパにつながる)


脱毛器によって、1ショットで照射できる面積は変わってきます。


男性の毛質や肌質を考えた場合、出来るだけ、1回の照射面積が大きいほうが、コスパもよく、効率的に処理することができます。


少しでも広い照射面積の、脱毛器を選ぶことが、後々の脱毛自体が面倒くさく感じません。




最初は、興味深々で、脱毛をやりますが、時間がたってくると、飽きたり、面倒に感じたりします。


照射面積が小さいと、照射の回数が多くなりますので、時間がかかってしまい、次第に使わなくなります。そして、置物として、インテリアの一部になってしまうケースも、少なくありません。




性格にもよりますが、疲れて帰ってきたときや、仕事が忙しくなる時期に、残業が続いていると、ぶっちゃけ、面倒くさく感じます。


地味ですが、照射面積は広い方が、長い目で見て、楽です。


ちなみに、ケノンの2×3.5cmの照射面積は、業界最大級です。


フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、毛穴に負担がかからないのは?


家庭用脱毛器は、痛みとの戦いでした。


昔の脱毛器を、使用した人なら分かりますが、泣きながら脱毛処理をする、なんてこともあったわけです。(マジです。)




そのような、脱毛器の歴史を振り返ってみると、脱毛器は肌への負担が大きく、肌荒れ、毛穴の赤いブツブツ感、色素沈着、炎症などが悩みの種でした。


そのてんからみて、レーザー脱毛器は、肌への負担を、軽減することができるということが、一般的な認識です。


それに比べて、フラッシュ脱毛器ケノンは、少しだけ、痛みに関するアプローチの考え方が違います。




痛みを抑えることは、もちろんです。それと同時に、その人の今の体調や肌質に合わせて、ショットレベルを選べるように、10段階、レベルが用意されています。


また、レーザー式は、円形で1×1cmの照射面積です。


ケノンは、その7倍あります。




すね毛、ヒゲ、ワキ毛、などの、広い面積の脱毛処理を考えた場合、7倍の照射面積のメリットはデカイです。


そして、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の違いは、痛みです。


レーザーは、肌への負担は考えられていますが、痛いです。




体毛を処理して、ツルツルした肌になりたいのに、痛みで肌質が悪くなっては、意味がありません。


ちなみに、ケノンはカートリッジを美顔器用に取り替えると、全身スキンケアができます。


脱毛処理した後の肌や、ニキビ、紫外線のダメージ、といった、肌トラブル全般のケアとしても、使用できます。


ケノンのデメリット

ここまで、お伝えすると、デメリットはないように感じます。しかし、あえて言うなら、値段が高いこと。


約、7〜万円近くする金額は、ポンと気軽に購入することが難しい。


だから、ギリギリまで、ケノンを選んでいても、最終的に金額がネックになり、他の脱毛器に妥協する人も多いです。




しかし、脱毛器は衣類やコスメと同じように、肌に直接触れるもの。


ここで、妥協して3万〜5万前後の脱毛器を手に入れても、時間的にも、金額的にも損をします。


また、1箇所だけの脱毛なら、ケノンはオススメできません。




1回だけなら、メンズ脱毛エステの方が、圧倒的にコスパが良い。


だけど、1箇所でも脱毛して、ツルツルになると、他もしたくなるのが人情。必ず他も、脱毛処理したくなるはず。


タトゥーといっしょで、1箇所でも入れると、どんどん入れたくなるのと似ています。




そう思ったときに、結局、またケノンを視野に入れて、脱毛器選びの旅に出ることになります。


これが、だいたいのパターンです。


妥協して、他社製品を手に入れても、だんだん、面倒になり、結局、ムダ毛処理をしなくなります。


で、最初から、ブレずにケノンを選んだ女装子さんの肌は、とっくにツルツルになっている、というパターンです。




(イベントやオフ会で、友達になったとき、ケノンの話を聞いて、「ブレずに、妥協しなければよかった . . .」と思うケースです。)


結果的に、時間もお金も損をします。


でも、これぐらい、値段の金額は大きいし、考え方によってはデメリットになるのです。


4、5万かけるなら、最初から本物を手に入れないと、女装のイベントやオフ会、外出で、肌を露出するときに、他の人に比べて、損することになります。


お家で本格的なヒゲ脱毛、わき毛脱毛、胸毛脱毛、すね毛、腕、といった全身をするなら、コスパもよく、肌に負担がかからない、痛くないフラッシュ脱毛器ケノンが、オススメです。


人気のある脱毛器をランキング形式にして紹介していますので、参考になると幸いです。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ランキング・詳細を見てみる


-女装の脱毛器
-

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.