女装の脱毛器

埋没毛にならない脱毛器(すね毛,腕毛,ヒゲ,脇毛,胸毛など)

投稿日:

この記事の所要時間: 241

埋没毛、毛が埋もれない脱毛器

家庭用の脱毛器は、


従来の毛抜きのような「毛を抜くタイプ」と、「毛を抜かないタイプ」があります。


埋没毛にならない脱毛器は、後者の「毛を抜かないタイプ」です。


後者の「毛を抜かない脱毛器」は、


特殊な光をムダ毛の毛根に照射して、毛の周期(サイクル)を遅らせて、発毛機能を弱らせます。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ランキング・詳細を見てみる




毛抜きのように、毛を抜くタイプの脱毛器は、埋没毛やうもれ毛になってしまう可能性が、フラッシュ脱毛器に比べると高いです。


また、ここが地味に怖いところですが、


埋没毛になれてしまうと、それをほじって毛を取ることが快感になってしまい、更に、皮膚を傷つけてしまうことにもなりかねません。




実は、埋没毛や埋もれ毛に慣れてしまうことが、従来の毛抜き処理や、毛を抜くタイプの脱毛器の怖さです。


やっぱり、毛が埋没していると、人は人情的にほじってでも、毛を抜きたくなります。


その衝動が毛穴を傷つけて、皮膚のトラブルを起こしていまうのですね。




でも、それが逆に快感になり、人によっては中毒になることもあります。


個人的に、梱包する時に使う「プチプチ」を潰すような快感に似てると思います^^;


また、毛を抜くタイプの脱毛器は、結局、毛根からダメージを与えてないので基本的な脱毛処理にはならないのですね。




脱毛器によっては、痛いしうるさい、といったデメリットがあります。


そもそも、毛を毛根から引き抜くという行為自体が、良くないこと。


毛は、毛根部分にある毛乳頭から、血液を通して栄養を貰ってるので、それを引き抜くことは毛穴を傷つけて炎症になることもあります。




で、そういった肌トラブルを避けるために、シェービングタイプやボディグルーマーに替える人もいます。


しかし、シェービングも毛抜きのように毛穴を傷つけてしまい、肌が硬くなってきたり、黒くシミのようになったり、毛穴が赤くボツボツするリスクをともないます。


また、ボディグルーマーはシェービングのように、直接、刃が肌に触れないため、肌を傷つける恐れがありませんが、バリカンと一緒なので、一生、すね毛や脇毛、胸毛といったムダ毛をカットしなければいけません。




どうしても、職業柄、ムダ毛をツルツル肌にできない環境なら、ボディグルーマーがオススメです。


経験的に、頭髪用のバリカンで十分です。


バリカンの方が、ボディグルーマーより、安価に手に入りますのでオススメですよ。




しかし、毛を抜くタイプ脱毛器も、シェービングも、ボディグルーマー(バリカン)も、根本的な脱毛ではありませんので、直ぐに新しい体毛が生えてきます。


生え始めのジョリジョリ感は、見た目もわるいですよね。


生え始めのムダ毛は、他人には見せられません。(エッチのとき、ドン引きされる(^^;;)




処理した後の肌はツルツルになっていたり、短くカットされていたり、見た目もキレイです。


しかし、直ぐに立派な新しいムダ毛が生えてきます。


例えば、脱毛器ケノンは、特殊な光を毛根に照射させムダ毛の発毛機能を弱らせて、徐々に薄くさせていくので、直ぐに生えてくる、ということにはなりません。


発毛機能を弱らせるので、生えてくるスピードも遅くなっていきます。


永久脱毛ではありませんが、埋没毛や毛穴の炎症を抑えてくれて、少しずつ体毛を弱らせて薄くさせていきます。


人気のある脱毛器をランキングしましたので、自宅脱毛の参考にしてみて下さい。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ランキング・詳細を見てみる


-女装の脱毛器
-

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.