髭(ヒゲ)脱毛

髭剃りで埋没毛になった時の解決策と予防法

投稿日:

この記事の所要時間: 241

髭剃りで埋没毛になった時の解決策と予防法


髭剃りを何年も続けていると、埋没毛になり、乾燥で痒みがでたりします。


また、ニキビが出始めたり、といろいろな肌トラブルを引き起こしてしまうリスクがあります。


結論から言うと、埋没毛を改善するには、肌のターンオーバーを利用することで、古い角質と一緒に体外に排出させることです。


埋没毛は、ほっとくことで皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)で自然に体外に排出されます。


その際に、大事なことは毛穴をいじらないことと、ひげ剃り後は化粧水や保湿クリームを使い、きちんと保湿を行うこと。




埋没毛は、皮膚の下に埋もれたヒゲが皮膚の中で成長してしまうとういトラブルですね。


埋没毛になってしまった場合の髭剃りは、カミソリを髭の毛並みに合わせるようにしながら、力を入れず肌をなでるように優しく剃ることが皮膚と毛穴を傷つけません。(当たり前のことですが重要です)


そしてこれが大事です。「埋没毛になった毛穴」は、何もしないでほっとくこと。




皮膚のターンオーバーという働きを上手に活用することが、ヒゲが埋没毛になったときの一番の改善策です。


肌のターンオーバーとは簡単に言うと、新しく作られた皮膚が古い皮膚を体外に押し出すという、肌の世代交代を言います。


この古い皮膚が押し出されるのと同時に、埋没毛も一緒に体外に押し出されていきます。




だから、基本的に何もしなくても、埋没毛は体外に自然と押し出されていくのですね。


もちろん、それではすぐに埋没毛は解決されません。


自然な肌の世代交代を、気長に待たなければいけなくなります。


ターンオーバーは皮膚の自然な働きなので、肌に負担をかけませんが、埋没毛を解決するまで時間がかかってしまいます。




そこで、さらにピーリングという美容法で、肌のターンオーバーを促進させ、埋没毛を早く身体の外に排出させることもできます。


ピーリングコスメは色々なものがありますので、男性でもドラッグストアーなどで気軽に購入することができますよ。


もしかすると、男性はピーリングと言われるよりは、メンズ用のスクラブ洗顔を使って、古い角質を取りやすくするように働きかける方法、と言った分かりやすいかもしれませんね。




ちなみに、ピーリングは古い角質を取り除く働きがありますので、毛穴が詰まりにくくなり、ニキビ予防にも効果があります。


しかし、ピーリングやスクラブ洗顔は刺激が強いのでやり過ぎないということが ポイントです。


このように、埋没毛の解決策は肌のターンオーバーを上手に利用することで、皮膚の下でぐるぐる巻きに成長していく埋没毛を自然な形で体外に排出させていきます。




しかし、本来なら埋没毛にならないようなヒゲ処理が大切です。


もっと正確に言うと、ヒゲの成長機能が弱めて、髭の1本、1本を細く弱らせていき、できるだけ髭剃りをしないような脱毛法を視野にいれてみるのも大事だと思います。


カミソリ剃りは、一見安全な処理法です。


しかし、カミソリ負けを引き起こしたり、埋没毛を引き起こしてしまったり、人によっては色々な髭のトラブルの原因になってしまうリスクもあります。


カミソリでの髭剃りが必ずしも悪いというのではなく、正しい髭処理を行うことで、髭を毛根から薄くさせることもできます。


下のコラム記事は、髭の埋没毛についての解決策を別の角度からお伝えしています。
↓ ↓ ↓

>>埋没したヒゲは対人関係(営業・接客業)に影響を与えます


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.