髭(ヒゲ)脱毛

男の太い口ひげを脱毛するにはどこが良いのか?

投稿日:

この記事の所要時間: 518

男の太い口ひげを脱毛するにはどこが良いのか?


口ひげの脱毛は意外と難しく、どこで脱毛した方が良いのか、迷ってるかもしれません。


ちなみに、このブログの「ホーム」で紹介しているメンズ脱毛&脱毛器は、ヒゲを薄くさせることもできます。


もしかすると、単純に料金比較だけを基準にして、できるだけ安いお店を選ぼうとしていませんか?


料金体系も大切ですが、脱毛は直接肌に触れておこなう施術です。




目先の販売価格に惑わされることなく、何を基準に優先して選ぶべきなのかお伝えしますね。


脱毛は大きく分けると、サロン系のサロン脱毛と美容クリニック系の医療脱毛の2種類あります。


その中でも確実に永久脱毛を考えてるなら、美容クリニックでの医療脱毛がお勧めです。


お勧めというよりは、永久脱毛は医療脱毛でしかできません。




医療脱毛は、国家資格をもった医療の専門家の先生たちが、医療機関のみで許されてる医療用のレーザー脱毛器を使用して、確実に口ひげを脱毛してくれます。


しかし、多くの医療クリニックが全国に存在します。そして、脱毛サロンに至っては激戦分野です。その料金体系を含めた評判は実際に通うまで分かりにくいというのがあるのも事実です。


脱毛は、高いお金とたくさんの時間をかけて通い続けなければいけません。一度でも契約してしまうと、なかなか解約できないのがギャンブル的な要素を含んでいます。(きちんと営業してるところは信用できます)


(このブログでも、メンズ脱毛サロン店をピックアップしています。ピックアップの基準は、脱毛技術と料金のバランスが取れていて、お客さんへのフォローにチカラを入れてるサロンを紹介基準にしています。




もちろん、いくらお金を払ってるお客様だからと言って、理不尽なの要求をするようなモンスターカスタマーは論外ですが、一般的な常識の範囲に基づいての解約要請なら、契約違反にあたらないと判断され、速やかに解約もできます。


でも、基本的に解約を申し出るまでの精神的なコストはかなりのものです。


通った方なら分かると思いますが、一度約束したことに対しての「解約」ってなかなか言い出しにくいですよね。




だから、脱毛店選びのリスクはなるべく少しでも減らしたいもの。


誤解を恐れずに正直いうと、脱毛法は多かれ少なかれどこも同じレベルですし、脱毛器の性能も同じです。


大きな技術の差はないです。




しかし、体毛はしぶとく、永久脱毛という技術は私たちが考えてるよりも高度な技術が必要なんですね。


そこで、サロンやクリニック選びで重要になってくるのが、リスク開示能力です。


リスク開示能力とはどういったものか?というと、


それは、クリニックの売り上げを優先に考えるのではなく、ユーザーファーストと言う考えに基づいてお客様の立場に立ち、正しいメリットとデメリットを同時に提示してくれる仕組みが、クリニック側できちんと機能しているか?が問われてきます。




簡単に言えば、クリニック側にとっての不都合な真実でも、きちんとお客様に伝えられる職場ですか?


と言うことです。


一部では、安いキャンペーンで大量のお客様を獲得することだけに集中し、きちんと説明する機能が働いていないサロンやクリニックもあります。


有名・無名に限らず、そこはきちんと見極めていきたいものです。




例えば、信頼できるメンズサロンやクリニックの条件は、脱毛できる肌か、脱毛できない肌かをスタッフがきちんとチェックします。(このブログで紹介しているメンズ脱毛店はカウンセリングをきちんと行います。)


レーザー脱毛器で脱毛できない肌だと判断した場合は、丁寧に説明をした後、お断りすることもあります。


特に夏から秋冬にかけて、紫外線のダメージが蓄積された日焼けした肌には、レーザー脱毛器での脱毛はできません。




これは、このブログでも紹介しているフラッシュ脱毛器ケノンでも同じです。


フラッシュ脱毛器は、基本原理がレーザー脱毛器と同じなので、メラニンの黒色に反応し、毛根レベルから発毛機能を弱めていきます。


レーザー脱毛器もフラッシュ脱毛器も同じ「黒」色に反応し、毛根レベルから発毛機能にダメージを与えます。




だから、男女問わず来院されるお客様の肌の状態をきちんとチェックした上で、日焼けして黒くなってる肌には脱毛施術はお断りするのが良心的なメンズ脱毛サロン店&クリニックです。


ちなみに、このブログでも紹介している、脱毛サロン&クリニックも、きちんとリスクを提示しています。良いことだけを伝えるようなサロンやクリニックとは違うところが良心的だと思うんですよね。


もちろん、直射日光を浴びるが全てNGというのではなく、クリニックやサロンなどできちんとチェックしてもらい相談してみましょう。


その後で、どのような脱毛法が相談者にとって最良なのか?ということを話し合いながら決めていきます。


そこで、お断りする場合もあります。


このように、リスク提示能力とお客様とのコミニケーション能力の両方が備わってる脱毛サロンやクリニックはお勧めです。




しかし、永久脱毛というものにこだわらなければ、美容クリニックほど威力の強い脱毛法ではありませんが、自宅にいながら口ひげを薄くしていくことも可能です。


また、このブログでも紹介してる良心的なメンズ脱毛サロンなら、髭を自分の好みの量に合わせて減毛することができます。


いきなりツルツルになるのは抵抗がある、という男性は多いですが、自分の好みに合わせて少しずつ減毛することができる脱毛技術なのでおすすめです。


先ほどお伝えしたフラッシュ脱毛器は、基本原理はレーザー脱毛と同じ原理です。厚生労働省が定める基準値以下なら医療用とはならず、家庭用として採用されてる脱毛器です。


基本原理は美容外科クリニックのレーザー脱毛器と同じですが、痛みが少なく広範囲をいっぺんに脱毛処理できるので、男性の体を脱毛することに優れているのですね。




実際に、多くの男性のヒゲの脱毛処理に使用されています。


特殊な光(フラッシュ拡散光)を毛根とその周辺組織に照射させ、毛根レベルから発毛機能を弱らせて薄くさせていきます。


100パーセント確実に永久脱毛をしたいと考えてるなら、美容外科クリニックでの医療レーザー脱毛。


確実に永久脱毛できるとは保証することはできませんが、自宅にいながら自分のペースで脱毛したいと思ってるなら、家庭用のフラッシュ脱毛器。


また、どうしても自宅では脱毛ができない、という男性なら根本的に髭を脱毛してくれるメンズ脱毛サロン。


メンズ脱毛、医療脱毛、どちらを選んだとしても損はありません。


あとは、個々の脱毛に対する考え方とライフスタイルの違いで、メンズ脱毛にしろ、家庭用の脱毛器にしろ、メリット・デメリットの見方は大きく変わってきます。


このブログでは、トップページ「ホーム」で、ヒゲの脱毛に特化したメンズ脱毛サロンさんやフラッシュ脱毛器を紹介していますので、参考になると幸いです。
↓ ↓ ↓

>>痛くない髭脱毛とメンズ脱毛器


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.