男の脱毛器

ケノンの光脱毛は刺青(タトゥー)やほくろ・シミでも大丈夫?

投稿日:

この記事の所要時間: 222

ケノンの光脱毛は刺青(タトゥー)やほくろシミでも大丈夫?

ケノン 刺青 タトゥー

タトゥーが入っていると、ケノンを使って脱毛ができるのか?心配だと思うんですね。


答えを言うと、できないことなないです。しかし、ケノンの光照射は刺青(タトゥー・入墨)やほくろへの直接の脱毛はできないんです。


タトゥーや濃いシミやホクロへの直接の照射は、やけどの原因になります。


傷や湿疹などもNGですね。


しかし、刺青(タトゥー)や傷や湿疹部分を隠してあげることで、脱毛することはできますよ。大丈夫です!


これは1つのアイディアなのですが、直接タトゥーを脱毛しなければいけない状態なら、このブログでも紹介している「温めない脱毛ワックス」をタトゥー部分に付けて脱毛してみるのはいかがでしょうか。


その他のムダ毛にはケノンを使っても良いのかな。ケノンと脱毛ワックスとの相性は良いと思いますので、良いコンビネーションだと思いますよ。脱毛ワックスは金玉袋の脱毛にも使えるかもしれませんしね。自宅で脱毛をするなら、ケノンと脱毛ワックスは最強のコンビかもしれないですね。


それからケノンを使う場合、ご存知だと思いますが、ばんそうこうやシールを刺青(タトゥー)部分に貼ることによって脱毛することができますね。ちなみに、ばんそうこうやシールなどはタトゥーや傷や湿疹だけじゃなく、デリケート部分(肛門、傷)を隠してあげることで脱毛しやすくなるという方法もあります。


また、ファンデーションを刺青(タトゥー)部分につけて、周りの肌色に合わせることでも、入墨周辺を脱毛することができますよ。


また、先程もお伝えしたように、肛門周りのデリケートな部位の毛を脱毛するときに、肛門をガードするにあたって、ばんそうこうやシールのようなものをカットして貼り、肛門を守りながらその周辺のムダ毛を脱毛するとい裏ワザもできます。


それは、タトゥー周辺のムダ毛を脱毛する時の応用編のようなものですが、ケノンはほんのちょっと工夫するだけで、あなたが納得いくまで、家に居ながら自由に脱毛することができるのですね。


まとめますと、刺青(タトゥー)、ほくろ、濃いシミ、傷、湿疹、日焼けした肌、などに直接フラッシュ光線を照射すると、やけどの原因になります。


もし、入れ墨の肌の上から生えているムダ毛を処理したいなら、カミソリで剃るか、シェーバーで処理してください。


刺青(タトゥー)周辺のムダ毛は、ばんそうこうやカットシールなどを直接タトゥーに貼って隠すことで、ケノンの照射が可能です。


ケノンは「黒」に反応させて、特殊な拡散光を照射させて熱ダメージを与える脱毛技術です。


脱毛する際には、クーリングで肌を冷やしながら刺激を和らげて脱毛することがコツです。


決して、刺青(タトゥー)にケノンの特殊な光を直接、照射しないでくださいね。やけどの原因になります。


タトゥーがあると脱毛できるのか?不安だったと思うんですね。確かに、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はタトゥーに直接照射させて使用することはできませんが、ばんそうこうやファンデーションなどで上手に隠しすことで、脱毛はできます。


ケノンを上手に活用して、綺麗に脱毛しませんか。

>脱毛器ケノン・詳細コラム<


-男の脱毛器
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.