女装の脱毛器

ケノンを購入する前のケノンと埋没毛の関係(男女共通です!)

投稿日:

この記事の所要時間: 328

ケノンを購入する前のケノンと埋没毛の関係(男女共通です!)


埋没毛は本当に辛いです。


見た目も汚くなるし、目立つ箇所に埋没毛ができてしまうと、


仕事や対人関係にも、大きく影響を与えてしまいます。




■ ケノンで脱毛すると埋没毛は良くなるのか?


■ それとも、ケノンは埋没毛を引き起こしてしまうのか?


とても気になると思います。




しかし、埋没毛のトラブルには、大きく分けて、


1・レーザーや光脱毛(ケノンなど)で埋没毛になったパターン


2・毛抜きやカミソリといった自己処理で埋没毛になったパターン


といった2パターンあります。




1のように、ケノンやレーザー脱毛のような正しい脱毛処理をしても、まれに埋没毛になるケースもあります。


基本的に埋没毛の対処法は、肌のターンオーバーを待つことで、埋もれていた埋没毛を古い皮膚と一緒に体外に押し出されます。


決して、毛穴をいじって埋没毛を取り出そうとしないことが重要です。




また、それと同時に埋没毛の解決策として、肌の保湿が有効だと言われています。


科学的な根拠や真偽のほどは分かりませんが、肌への十分な保湿が埋没していた体毛を外に押し出す効果があるとされています。


(多くの埋没毛に悩んでいる女性が、体感的に効果を感じています。)




これは私の経験的な推測なのですが、肌は血行が悪くなると代謝が悪くなり、栄養や酸素がまわらなくなって乾燥しがちになります。


その場合の対処法は、肌をしっかり保湿してあげること。


乾燥は肌を保湿することで緩和されますので、肌がきちんと潤いを保つことで、血行と代謝機能に何らかの刺激を与えて、ターンオーバーを活性化させてるのではないかと思います。




だから、保湿すると肌の代謝が良くなり、古い皮膚が排出されるスピードがアップされ、結果的に埋没毛が外に押し出されるのでしょうね。


埋没毛は、肌がターンオーバーして古い角質が外に排出されることにより一緒に体外に出されますので、基本的にほっといても大丈夫です。




しかし、埋没毛が目立つ箇所にある場合や、接客業や対面販売といった職業の違いによっても、普通の人より埋没毛を出来るだけ早めに解決したいと思うのではないでしょうか。


そこでおすすめなのが、ピーリングです。


ピーリングは、古い角質を取ってあげるので肌のターンオーバーを高めてくれます。




また、毛抜きや深剃りなどの自己処理を続けた結果の「色素沈着」にも効果的です。


ピーリングすることにより、ターンオーバーを早めることで、肌の代謝が上がり、下から新しい皮膚が生まれ、メラニン色素を排出するスピードをアップさせます。


ピーリングは古い角質を取り除きますので、美白成分の浸透を高める効果もありますね。




しかし、ピーリングはやりすぎると肌を痛めることもあるので、注意してくださいね。


ケノンの脱毛は、基本的に埋没毛や毛嚢炎(もうのうえん)にはなりません。




むしろ、その逆です。




埋没毛や毛嚢炎、色素沈着、を起こさないためにもケノンを使用するのです。


ケノンのような「毛を抜かない」タイプの光(フラッシュ)脱毛器が、毛穴と毛根のトラブルのリスクを抑えてくれます。


基本的に埋没毛は、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)の仕組みによって、古い皮膚と一緒に体外に排出されます。




しかし、他の理由と重なって悪化してるなら、一度皮膚科に受診されてみてはいかがですか。


もし、ケノンを使っても埋没毛になるようでしたら、ケノンで脱毛する前の毛の剃り方に注意が必要です。


深剃りするのではなく、毛穴から毛根が見えるくらいに「軽く剃る」


実際に、少しだけ毛を残して処理する方が、脱毛効果も高く感じます。(バリカンで短くカットする方が個人的におすすめです。)


基本的に、間違った自己処理による埋没毛や毛穴の炎症(毛嚢炎)、黒ずみ、色素沈着にならないために、ケノンを使用するのですね。


埋没毛・色素沈着・毛穴の炎症(毛嚢炎)を起こさせないためにも、ケノンのような正しい脱毛処理をしてみてはいかがでしょうか?


人気のある脱毛器をランキングしていますので、本格的な自宅脱毛の参考にしてみて下さいね。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ランキング・詳細を見てみる


-女装の脱毛器
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.