スキンケア

小鼻の黒ずみとブツブツは不潔な印象を与える毛穴/男の娘(女装子)のスキンケア

投稿日:

この記事の所要時間: 537

詰まり毛穴、たるみ毛穴を目立たさせなくする

毛穴の黒ずみの対策とケアはできます。


難しく考えないでくださいね。


正しい毛穴の黒ずみ対策をおこなうと、改善されていきます。




基本的に、このブログでは脱毛に関する記事でもお伝えしていますが、


正しい脱毛をすることで、皮膚が硬くなり、黒く色素沈着になるリスクを抑えることをお伝えしています。


ヒゲやわき毛、すね毛はカミソリで何年も剃り続けると、毛穴が黒くボツボツになり、皮膚が硬く色素沈着になることもありますからね。


しかし、黒ずみは、正しいスキンケアと毛穴ケアをおこなうことで、改善されます。


これから、お伝えしていきますね。




毛穴のトラブルと脱毛のトラブルは、男性より遥かに、スキンケア技術が進化している女性にとっても、深刻なトラブルです。


毛穴とムダ毛、この二つは、2大トラブルといっても、過言ではないぐらい、深刻な悩みです。


毛穴は、間違ったムダ毛処理から、傷つけてしまう恐れもあります。


また、間違ったスキンケアも、毛穴のトラブルを助長させてしまうことも多くあります。




肌トラブルで最も多い悩みのひとつが、男女ともに、この毛穴に関する悩みなんですね。


毛穴の正体は、


実は、皮脂腺です。


皮脂腺の分泌が、毛穴の役目でもあると言われていますよね。


特に、顔の皮脂腺は体の皮脂腺に比べて大きく発達しています。


そのため顔の毛穴は、体の毛穴に比べると、目立ちやすくなるという特徴を持っています。




そして、毛穴の大きさは、男性ホルモンと遺伝で決まると言われていて、


男性ホルモンが多いと、皮脂腺が発達して大きくなりますから、皮脂腺が大きくなると、毛穴の大きさが目立ってしまうのですね。


女装子さんや、男の娘で、小鼻の黒ずみが目立って気になる、という方は多いですが、これは、男性ホルモンの影響で、皮脂の分泌量が多くなったことが原因という可能性もあります。




顔の皮脂腺は、頭皮の皮脂腺に続いて発達していますので、女性の方でも、毛穴に脂が溜まり易くなってしまうのですね。


毛穴の黒ずみを改善するには、洗顔とピーリングがおすすめです。




毛穴の黒ずみを改善して、目立たなくする方法は、毎日の適切なスキンケアと、規則正しい食生活を送って、きれいに洗顔すること。


このブログの洗顔コラムでもお伝えしましたが、洗顔はとても重要です。(洗いすぎて、皮脂を取りすぎるのは、かえってマイナス)


皮脂が詰まって目立ってる毛穴は、主にTゾーンの毛穴に多く、黒くボツボツとしていたり、白くボツボツとしていたり、特に、白くボツボツとした感じの、詰まり毛穴はメイクでも隠しにくいのが特徴です。




また、黒いボツボツした詰まった毛穴は、シミとも間違えられる可能性もあり、不潔な印象を相手に与えることもあり、特に小鼻周辺に多く現れます。


オイルタイプのクレンジングなどで、肌を必要以上にゴシゴシこすりすぎると、古い角質が毛穴に詰まってしまって、逆に詰まった毛穴を作rう可能性も。。。




優しく、丁寧に洗うことが大切です。


そして、洗顔後の保湿ケアはとても重要。


肌を保湿させることでふっくらさせ、弾力のある肌に整えていくことは、たるんだ毛穴のトラブル改善にも繋がりますよ。


たるんだ毛穴と言えば、たるみ毛穴で、たるみ毛穴は、キメが粗く細長く落ち込んだ毛穴のこと。


確認の仕方は、いくつかありますが、顔を引っ張ってみて、毛穴が目立たなくなれば、立派なたるみ毛穴ですね。




また、グレープフルーツやオレンジの皮のように、ボツボツしてキメが粗く見える特徴があります。


たるんだ毛穴は、普段の食生活を改善することや、日やけによる、紫外線対策をきちんとおこなうことで、皮膚のコラーゲンのダメージを最小限に抑え、体の中から回復へと導いてあげることも大切です。


肌は線維芽細胞(せんいがさいぼう)という細胞が、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンという、肌の弾力を生み出している成分を作り出して、弾力のある肌をキープさせていて、


年齢を重ねてきたり、日焼けなどの紫外線のダメージを受け続けていると、線維芽細胞(せんいがさいぼう)の働きが弱ってきたり、減ってきたりするのですね。




そうなってくると、ほほ全体が重力に負けて下がってきたり、シワの原因にもなったりします。


もちろん、毛穴の開きやたるみの原因にもなりますよ。




紫外線対策やコラーゲンを増やしてくれる、ビタミンC誘導体、また、ヒアルロン酸などが配合された、アンチエイジングコスメ類を上手に活用して、線維芽細胞(せんいがさいぼう)をサポートして、弾力を取り戻すことも大事です。


それに加えて、しっかりとUVカットを意識しながら、紫外線対策もしてくださいね。


皮膚の奥に、紫外線のダメージを与え続けると、シミやシワの原因になり、完治させることが難しくなってきます。


ピーリングで古い角質を取り除き、詰まった毛穴を治す。


詰まり毛穴を改善するには、毛穴パックが手軽で人気がありますね。


毛穴パックは角栓がびっくりするぐらい取れますので、病みつきになる人も結構います。


しかし、毛穴パックのやり過ぎは、毛穴自体を傷つけてしまう恐れがありますので、繰り返すことで、逆に毛穴が広がってしまうこともあるので注意してくださいね。


月に2〜3回、おこなうのであれば、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。




詰まり毛穴の改善ポイントは、ピーリングで古い角質を落としてあげること。


でも、ピーリングは肌に刺激が強すぎるので、やり過ぎはいけません。


しかし、刺激の少ないピーリングコスメなどで、古い角質を剥がれやすい状態にして、しっかりと、そして優しく毛穴の詰まりを取り除いてあげることがポイントです。


ちなみに、ピーリングは刺激の少ない、洗い流すタイプ(ミルクタイプやジェル状のタイプ)があります。


ピーリングは余分な角質を落としてあげて、肌を柔らかくする働きがありますので、肌が柔軟になってくると、硬直した肌に比べると、毛穴も目立ちにくくなりますよ。


たるみ毛穴の改善は体の内側からコラーゲン作り


たるんだ毛穴は、先ほどもお伝えしたように、真皮の線維芽細胞(せんいがさいぼう)が減少した結果、コラーゲンが作られなくなり、次第に肌に弾力性がなくなってきます。


また、タバコ、紫外線、偏った食生活、睡眠不足、過度なダイエットも、たるみの原因になるのですね。


ビタミンAの仲間で、コラーゲンを増やしてくれる、レチノール配合のコスメがオススメです。


レチノールは、肌のターンオーバーを促進して、肌全体を整えてくれますので、紫外線ケアや老化予防にも有効なんです。


老化現象が現れやすい、皮膚の薄い目元周辺のケアに適していますので、シミやクマなどの予防としてオススメですね。


毛穴は、皮脂の詰まりや、たるみ、黒ずみ以外にも、間違ったむだ毛の処理でも傷がつき、肌荒れの原因になります。




この機会に、カミソリ剃り処理、毛抜きでの処理、といった、肌と毛穴にダメージをつけやすい、むだ毛の処理法を、見つめ直してみてはいかがでしょうか。


このブログでは、毛穴を傷つけずに、毛根の発毛機能を弱らせる脱毛に関するコラムをいくつかお伝えしていますよ。


脱毛の記事が、黒くボツボツした毛穴トラブルや、色素沈着の解決策のキッカケやヒントになると幸いです。


毛穴をキレイにして、肌を美しくすることは、自分のためでもあります。


と同時に、ぶっちゃけ言うと、エッチのときの、相手へのマナーでもあります (^_^;)


自分の体をキレイにしとくことは、マナーやエチケットとして、とても大切ですね。


人気のある脱毛器をランキングしました。


本格的に自宅脱毛をしたくなったときの参考にして下さい。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ランキング・詳細を見てみる

-スキンケア
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.