髭(ヒゲ)脱毛

男の髭脱毛(顔)にメンズ用の脱毛クリームを考えてるあなたへ

投稿日:

この記事の所要時間: 310


髭が普通の人より濃い場合は、他人の視線が気になり、毎日が辛いと思うんですね。


もしかすると、カミソリは肌への刺激が強すぎると思って、脱毛クリームで顔の髭処理をしようとしていませんか?


脱毛クリーム(除毛剤)は、どちらかと言うと、顔以外のムダ毛の処理目的として販売されているので、


顔の髭脱毛に使用するのは、皮膚と毛穴に負担をかけてしまいます。


脱毛クリームは、肌への負担を考えて、顔以外の除毛目的として使用してくださいね。


しかし、どうしても使用しなければいけない場合は、お勧めはしませんが、少量を目立たない部分につけてみて、肌荒れしないかテストすることが重要です。


顔は対人関係において、相手への第一印象に大きな影響を与えますので、少しの傷や肌トラブルのリスクでも極力減らしたいものです。


脱毛クリームのメリットは、素早くキレイにムダ毛をなくせるところです。


緊急的な応急処置としての使い方こそ、脱毛クリーム本来の使い方ではないのかな?というのがこのブログの意見です。


言っても薬剤ですし、皮膚への負担はゼロではありませんから、顔の脱毛目的での使用はお勧めできないですね。


脱毛クリーム(除毛クリーム・除毛剤)は、定期的に使用するのではなく、応急処置的な緊急用として職場にひとつは置いておきたい脱毛アイテムです。




脱毛クリームは、応急処置的な緊急用しての位置付けにしてみてはいかがでしょうか?


メインアイテムとして、使い続けるのは皮膚的にもコスパ的にも高くつきます。


あくまでも、主役を支える名脇役としての位置付けが、脱毛クリームの本来のポジションだと思います。


では、顔の髭を処理するにはどうしたら良いのか?


カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きで一本一本抜いたり、またそのような「剃る」「抜く」という原理を使った脱毛サロンや脱毛器はありますが、


剃る、抜くという処理法は、すぐに新しく太い毛を生えさせます。


また、思わぬトラブルを引き起こす原因になったりもします。


毛穴の炎症で起こる毛嚢炎(もうのうえん)、皮膚の奥でぐるぐると伸びている埋没毛、毛穴と皮膚へのダメージが少しずつ蓄積された結果の炎症性色素沈着(えんしょうせい しきそちんちゃく)による黒ずみ . . . . .


せっかくキレイな肌にしたいから顔の脱毛を始めたのに、結果的にさまざまな皮膚トラブルを招いていては非常にもったいないです。


本気で顔の脱毛を完璧にしたいなら、美容外科クリニックがお勧めです。


美容外科クリニックの医療レーザー脱毛は、100パーセント完璧な永久脱毛ができます。


もちろん、肌質や毛の周期や体調などで、効果が現れるスピードに個人差はあります。しかし、永久脱毛で髭をキレイに脱毛したいなら、美容外科クリニックの医療脱毛しかありません。


でも、中には自宅にいながら、自力で髭とその他の体毛をキレイに脱毛したい!と思ってる人もたくさんいます。


また、クリニックに長期間通うことが難しく、自宅にいながら「剃る」「抜く」「溶かす」といった処理法以外で髭を脱毛したいと考えてる・・・


そう言う場合は、このブログで紹介している、脱毛器も視野に入れてみませんか?


医療脱毛のように、永久脱毛ではありませんが、毛根とその周辺組織にダメージを与えて、髭の発毛機能を根本的に弱らすことができる脱毛器です。


髭を始め、全身の体毛の毛根レベルから弱めることができる脱毛法なので、値段はそれなりにしますが、アイフォンや高いスマホよりは安いですよ^^;


それから、脱毛するたびに発毛機能を弱らせていくので、徐々に薄くなっていきます。


脱毛クリームやカミソリなどと違って、皮膚の表面上から伸びてる毛だけを剃ったり、溶かしたり、する応急処置ではないので、次に生えてきた毛は弱まっていきます。


脱毛クリームは、一時的な応急処置です。


応急処置的な除毛法ではなく、根本的に解決する脱毛に切り替えてみませんか?


髭が普通の男より濃いと、剃れば剃るほど濃くなるという恐怖感と、すぐに新しい髭が生えてくるという不安感が同時にあると思うのですね。


家庭用の脱毛器は、脱毛するたびに毛穴からダメージを与えて髭の発毛機能を弱めて薄くしていきますよ。

>青髭をうすくする脱毛器コラム<


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.