女装(男の娘)ブログ

大柄な女装子のパス度アップはメイクだけでなく雰囲気/完パスできない対象法

この記事の所要時間: 356

女装子のパス度を高めるには雰囲気が大事

たとえば、180センチの身長や、大柄な体格や骨格を、女性的に魅せるには、メイクだけではカバーできません。


女装のパス度を上げるには、メイクやスキンケアではなく、雰囲気が重要です。


もちろん、メイクや毎日のスキンケアは大事です。


しかし、それと同じくらい、雰囲気作りは重要。では、その、雰囲気とはどう作るのでしょうか。


たとえば、メイクの仕方や、スキンケアは、今はネットで調べれば、ある程度のクオリティを保つ方法は載っています。


しかし、そういったネット情報や、専門書に書かれてることは、広く万人向けに書かれています。


ある特定の誰かさん向けに、カスタマイズされて、伝えてるのではありません。


誰にでもある程度の割合で、効果があり、ある程度の割合で、当てはまるやり方や方法が書かれています。


だから、それが、即、君の体型や、肌質や髪質、ホルモンバランスに合った、最良のやり方なのかと、問われると、答えはノーだ。


もちろん、このブログで提案しているノウハウもいっしよ。


それら、全ての人に向けた、当たり障りのないノウハウを、自分の体型や、肌質、髪質、体調、毛穴状態、などを考慮しながら、試しては失敗して、試しては失敗して、何度も何度も、試行錯誤を繰り返えす。


そうした、地道な努力を繰り返していく中で、行き着くところがオリジナリティだ。


そうした、自分なりに、何度も失敗を繰り返し、努力した結果、行き着く先に見えてくるものが、自分なりに、アレンジされた美しさです。


美とは、会ったこともない、誰だか分からない他人から、ブログやツイッターや本をとおして、与えられるものではなく、いったん、与えられた情報を元に、そこから自分自身で、選別して捨てていく作業です。


だから、必ず失敗します。


人間は、失敗することが怖いから、徐々に新しいものにトライする気持ちが薄れていく。


それは、ある意味、すごく当然なことです。


ただ、失敗したということは、今日、行動に移したという証しだってこと。


遠い将来を見て、悲観的になるのではなく、今日、1ミリでも動けたか、が大事です。


失敗したなら、失敗を学ばさせてもらったのだから、トライした自分の行動力に拍手して、また、試してみる。


今、このチャレンジする瞬間の連続が、美へと繋がります。


また、肉体は1日、1日、変化しています。それこそ、老化に向かって、スピードを上げて進んでいるわけです。


肌質も年々変わってきますし、ハリや艶、コンディションも変化していきます。


そのきわめて細かな、肉体の変化に対応していきながら、トライ&エラーを繰り返して、徐々にコツをつかんでいく。


これは、ゴールのない改善策をしているようなもの。


メイクもスキンケアも生もの。


だから、与えられた身体で、美のゲームをどう攻略できるか、1つずつ問題を解決しながら、この瞬間を楽しむ。


今日、トライする地道な行動力が、パス度を上げる近道。ショートカットはありません。


また、他人から見えない箇所を、キレイにすることは、仕草や、歩き方に現れてきます。


手の動かし方、指の表情、歩き方、視線、たたずまい。


たとえ、背が180センチくらいあったしても、たとえ、骨格が他人より、大きくても、その仕草や振る舞いで、雰囲気を作り、印象をカバーする。


美しさとは、雰囲気である。


顔の形や、輪郭や体格を変えることは難しいです。しかし、そうした、マイナス面を補い、カバーするほどの威力が、この雰囲気にはあります。


なんか、その手の動かし方、目線、指のからめかた、歩くときの、足の出し方、その1つ1つが、キレイで美しく品を感じる。


そういう、可愛くて、キレイで、品のある人っていませんか。とびきりの美女ではないけど、何だか気になり、心、惹かれる存在。


雰囲気とは、そういった1つ1つの動作から作られていきます。


だから、雰囲気って、意識を高めることから始まるのですね。


それは、いかに客観的に自分自身を見つめることができるか、がキレイになるコツのようなものではないでしょうか。


なんだか、漠然とした答えになってしまいましたが、その捉えどころのない漠然としたものの中にこそ、美しさは存在します。


色や形の美しさではありません。


これは、かなり上級な美。


だからこそ、与えられた、持ち駒に悲観するのではなく、それを、どう料理するか、がパス度を昨日より上げる近道です。


美しさは、試行錯誤を繰り返した、その先に待っているもの。


体格が大ききれば、背が高ければ、立ち居振る舞いで、繊細さを演出する。


雰囲気は、立ち居振る舞いをキレイにすることから生まれてきます。


立ってるとき、椅子に腰掛けてる時の姿勢が、猫背ではキレイではありません。


とくに、椅子に座ってる時に、美しさは現れます。


こうした、何気ない日常を意識することから、雰囲気作りは始まるのですね。


パス度をあげるために、多くの人は、隠すことだけに注目しがちです。


たしかに、髪型やメイクを自分なりにアレンジして、自分の身体の欠点を隠すことも、可愛く、キレイに見せるコツです。


だから、先ほどもお伝えしたように、失敗を繰り返しながら、前へ進んでいくことは大事。


と、同時に、指の動かし方、歩き方、目線、立ってるとき、座ってるときの姿勢、も意識し、自分の体型に合った、最善美を見つけていきます。


最善美(さいぜんび)とは、自分に与えられた、条件の中で、最適なカワイイ、キレイを表現すること。


身長や骨格は変えることは、できません。そうした条件の中で、可愛く、キレイをどう表現するのか、が私たちには問われてきます。


綺麗、可愛い、は色や形だけではなく、雰囲気も大きく関係してきます。


他人から、普段、見えない箇所まで、きちんとキレイにする。


そうした細かな気遣いが、立ち居振る舞いに現れてきます。


パス度が高いとは、必ずしも、バレないということだけではなく、気づかれても、仕草が可愛い、キレイだね。と思わせる説得力です。


そして、その説得力は、客観的に自分を見つめて、失敗を恐れないで、試行錯誤することによって、その先に待ってる、流動的でナマモノの美しさではないでしょうか。


雰囲気は、色や形が持つ美しさを超えた、つかみどころのない要素を持っています。


つまり、和紙に墨が滲んでいくように、女性の性に染まっていく、君の肉体と心の変化の中にこそ、美しさは潜んでいるのではないでしょうか。

君は、美しくなる義務がある。


-女装(男の娘)ブログ
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.