スキンケア

女装子と男の娘にとって間違ってない洗顔方法

投稿日:

この記事の所要時間: 241

パス度を上げる洗顔法

スキンケアの中で、基本中の基本として、最も大切なケアが洗顔です。


メイクをするようになってくると、洗顔の意味が少しだけ変わってきます。


女装でパス度を上げるには、メイクは必須です。しかし、メイクをするということは、少なからず肌にストレスを与えているようなもの。そのメイクをキレイに落としてくれるのが、洗顔やクレンジングです。


洗顔をする意味や働きを、少しだけ知っておくと、これからのメイクや肌に対する考え方が少しずつ変わってきます。


こういった、心の変化は、立ち方、歩き方、といった、女性としての立ち居振る舞いに大きな影響を与えます。


では、洗顔の働きとはなんでしょう。


洗顔の主な働きは、寝てる時に、分泌される皮脂や汗を、キレイに洗い流してくれること、そして、外出時に肌に付いた、様々なほこりや大気の汚れなどを、キレイに洗い落としてくれること、です。


実は、洗顔は、スキンケアの中で、1番、肌にダメージを与えるスキンケアなのです。ケアしていたつもりの行為が、最も肌を痛めているという矛盾を含んでいます。


だから、多くの美容専門誌でも、洗顔とクレンジングは基本中の基本とされてわけですね。


女装子、男の娘にとって、オススメ洗顔料は?


今は、肌にうるおいを与える洗顔料が、たくさんあります。しかし、洗顔料の役割は、キレイに洗い落とすこと。いくら、保湿成分や、美白成分が配合されていても、すすぎのときにいっしょに流されてしまいます。


洗顔料は、余分な成分が入ってないものを選び、きちんと、汚れを落としてくれるものを選ぶことがポイントです。しかし、洗い過ぎは注意。


油分が多く配合されている洗顔料は、洗顔後のしっとり感を演出してくれます。しかし、洗顔後に水溶性の保湿成分が、浸透しにくくなるケースもあるのです。


また、男性の肌は、女性に比べて脂性です。汗もかきやすく、皮脂汚れをある程度、落としてくれる洗顔料がオススメ。


オススメですが、ゴシゴシと、神経質になって皮脂を落としすぎるのは、肌にとって良くありません。


ある程度の、皮脂を残しておくことが大事。


そして、洗顔用、弱酸性、といったものに、こだわらなくても大丈夫。あくまでも、洗い過ぎないことが重要です。


自分の皮脂は、保湿効果がありますから、あまり神経質になって、洗い過ぎないことが大事です。


男性の顔の皮脂は、女性に比べて分泌量は多いです。しかし、そのおかげで、女性の肌に比べて、乾燥しにくいため、シワになりにくいといった、肌トラブルになりにくい特性を持っています。


ある意味、ナチュラル、アンチエイジング。


先ほど、洗顔は、実は肌にダメージを与えてる、とお伝えしました。


女装で外出した際は、帰ってきてから、クレンジングでメイクを落とし、その後に洗顔をしているのではないでしょうか。


実は、このダブル洗顔は、肌に良くありません。


一般的なメイクなら、『クレンジングだけ』で十分に落とすことができます。また、軽めのメイクなら洗顔だけでも十分に落ちます。


メイクを残すことは、肌に良くない言われています。だから、ダブル洗顔で、しっかりメイクや汚れを落としたいと思うものですよね。


だけど、大丈夫。


実は、メイクはダブル洗顔でも100パーセント、完璧に落とせません。


また、残ったメイクが、酸化して肌にダメージが蓄積する、とも言われてもいます。


しかし、少なくても1日、2回、毎日、顔は洗っています。そもそも、メイクが酸化して蓄積するくらい残ることはありません。


そして、寝てる間に、肌の新陳代謝はすすみます。古い角質といっしょに、外に押し出されるので、残ったメイクも垢となって外に排出されてきます。


毎日メイクをする女性でも、バッチリするメイク以外は、洗顔料やクレンジングだけでもOKというのは分かったのではないでしょうか。


女性のメイクに比べて、女装する際のメイク落としは、毎日するものでもありませんから、あまり神経質にならなくても、実は大丈夫です。


顔を洗うことで大事なことは、女性も男性も、洗い過ぎないこと。


これ、とても重要です。


あまり、神経質になって、洗浄力の強い洗顔料を使い、肌がパリパリになって乾燥するぐらい、毎日、洗い続けることの方が、スキンケアには大敵。


自分の肌の調子を見ながら、上手にコントロールすることが大事です。


洗顔は加減しながら、自分の皮脂の保湿を保ち、洗い過ぎないことがポイントです。


-スキンケア
-

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.