女装(男の娘)ブログ

女装と胸毛、プールや海や温泉に入れない人へ

投稿日:

この記事の所要時間: 238

胸毛でプールや海や温泉に入れない人へ

日本人は、西欧の男性に比べると、胸毛が生えてる人は少ないです。


だから、日本で胸毛が生えてると余計に目立ってしまって、恥ずかしい思いをする機会も多い。


この感覚って、実際に体毛が濃いことで悩んだことがない人には、ピンとこないですよね。


身体のコンプレックスやトラブルは、経験することによって共感できるもの。


だから、ある意味、理解できないことはしょうがないです。


でも、普通に生活していても、スポーツジムのプール・海、公共の大浴場・温泉などに行くのは勇気がいるし、見られてしまいます。


正直言って、胸毛って目立つし、水に濡れると更に目立ってしまうから、なおさら、海やプール・温泉には行けなくなります。


そうそう、健康診断や病院の診察で、上半身を脱ぐときも、かなり抵抗がありませんか。


いずれにしても、男なのに、ここ日本では体毛が濃いと、裸になることに抵抗があり、ブレーキをかけてしまいます。


シャツやポロシャツでも、普通に胸元のボタンを開けて素肌に着たいのに、どうしてもインナーにTシャツを着てしまう。


Vネックも敬遠してしまう状況。


『男』として生活していても、ここまで胸毛が気になるのに、女装は、たとえ見えなくても気分的に本当に落ち込みます。


そういった胸毛を処理するのに、バリカンはオススメです。バリカンで短くカットして後、脱毛器で脱毛処理をする。


カミソリや除毛クリーム、毛抜きと、いろいろなムダ毛の処理法があります。


しかし、胸毛は生えている面積が広いため、毛抜きでは痛くて不可能だし、カミソリは直ぐに生えてくるし、除毛クリームはコスト的にも大変。そして肌的にもリスクが大きい。


また、生え始めのジョリジョリ感が気持ち悪く感じることもあり、長い目で見ると脱毛器でキチンと処理する方が、お金的にも時間的にも得。


もちろん、時間とお金に余裕がある人は、脱毛エステでも全然OKです。


しかし、いくらメンズ脱毛サロンのスタッフさんとはいえ、自分の胸毛や体毛を、他人に見せることに抵抗がある人は、多くいます。


とくに、胸毛が生えてるってことは、他の体毛の箇所とは違って、とてもコンプレックスだからね。


だから、胸毛処理は、自宅で1人コッソリと処理することに向いている。

胸毛は、男性のムダ毛の中でも、ちょっと特殊な位置付けにあると思っていて、体毛の濃い人の中でも、胸毛がアルなしでは、毛深さの恥ずかしい度合いが違ってきます。


人間の身体の悩みは、顔に近ければ近くなるほど、悩みや不安、コンプレックスの度合いは増してくる。


やっぱり、人前で上半身を脱ぐことに抵抗はありますよね。


今は、ヨーロッパでは、男性もすね毛処理はもちろんのこと、胸毛やアンダーヘアーの脱毛処理も、衛生的なことやエチケット・マナーとして、脱毛することが常識になっています。


日本は少し遅れていますが、若い世代になればなるほど、確実に脱毛は常識になっていきます。


胸毛は、自宅でも脱毛できます。


色々な考え方や意見があることで、多様性が生まれ、深みのある社会が誕生します。


だから、強制力は全然なく、強いることもできませんが、今現在、胸毛と体毛の濃さに悩んでいるなら、このブログでオススメしている、脱毛器で胸毛を脱毛することを提案したいです。


もちろん、そこまでしなくても。という方はバリカンで短くカットするだけでも、だいぶ印象が変わりますよ。


ちなみに、バリカンは眉毛を短く整えるときにも便利なアイテムです。


しかし、胸毛を感じたまま、女装してしまうと、女性としての振る舞いに影響が出てしまい、何より、気分的にモチベーションも上がりません。


胸毛は、家庭用脱毛器で脱毛できます。


過去にプールや海や温泉で、恥ずかしい思いをしたことのある人にこそ、使って欲しいですね。


そして、今まで、夏に海水浴場に行けなかった人、冬の温泉に行けなかった人、スポーツジムに通えなかった人、そういった、普通の男性では当たり前にできていたことができなかった、または、通えなかったという人のために、脱毛器は、人生を変えてくれるほどの力があると思います。


正確には、脱毛器が人生を変えてくれるのではなく、コンプレックスを解消して、余裕が生まれた心を持つことによって、人生がグルグルと回り出してくるのですね。


-女装(男の娘)ブログ
-

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.