スキンケア

パス度を上げるクレンジング(女装メイクの落とし方)

投稿日:

この記事の所要時間: 242

クレンジングの選び方で、肌は生まれ変わる

クレンジングの役割は、肌をいたわりながら、上手にメイクを落とすためにするものです。


この、クレンジング剤の選び方が大事。


クレンジング剤の選び方ひとつで、肌が生まれ変わったりします。逆に言えば、ダメージを蓄積させることもできるのですね。


クレンジング剤は、油分と界面活性剤と、その他の様々な成分で、できています。


油性のメイクを落とすために、油分が使用されていて、界面活性剤は、すすぎの水となじませる働きをさせるために配合されているのですね。


クレンジングのメリットとデメリット


クレンジング剤は、大きく分けて、ミルクタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプ、シートタイプがあります。


シートタイプクレンジング


シートタイプのクレンジング剤は、拭き取ることで、油性のメイクを落とすタイプです。界面活性剤で油性のメイクを浮かさないので、肌へのダメージも大きいです。


しかし、クレンジング作業を省略しているので、時間がないときや、場所を選ばずに使用できることがメリット。


ところが、ついつい力を入れてこすってしまいます。重点的に落としたい目元などは、抑えるように使用してください。


メイク用のやわらかいコットンに、クレンジングを染み込ませると、シートタイプの代用として使えますよ。


オイルタイプクレンジング


オイルタイプのクレンジング剤は、界面活性剤を多く含むため、メイクに良く馴染んで簡単に落とすことができます。


気合いが入った、イベント参加などのフルメイクにオススメ。女装子さんで、毎日メイクしない人は、オイルタイプがオススメです。


しかし、界面活性剤を多く含んで油性のメイク料を落としやすいぶん、肌へのダメージも大きく、ニキビ肌には向いていません。


リキッドタイプクレンジング


リキッドタイプのクレンジングは、オイルタイプほど肌へのダメージがなく、バッチリお化粧した後のメイク落としにオススメです。


油分と水分をほどなく含んでいて、メイクを浮き立てやすく、使いやすいクレンジング剤です。


クリームタイプクレンジング


クリームタイプのクレンジングは、油分が適度に配合されていて、比較的、肌に優しく使用ことができます。


保湿効果が配合されてるものもあり、女性のような乾燥肌の方にオススメです。


ミルクタイプクレンジング


ミルクタイプのクレンジングは、水分を多く含んでいるので、肌に優しいです。


しかし、油分が少ないため、メイクになじみにくく、落としにくいというデメリットもあります。


しかし、肌へのダメージは少なく、毎日使用するときにオススメなクレンジング料です。


女装するときのメークは、濃くなる傾向がありますが、濃くすると、逆に不自然になってしまいます。


ナチュラル感を演出するためにも、軽めのメークを心がけることが大事です。


その際に、ミルクタイプのクレンジングもオススメです。


クレンジングは、面積が広い頬からしがちですが、皮脂の量が多い、Tゾーンから始めることが基本です。目元は皮膚が薄いので、軽くなでる感じでおこなうことが重要。


また、肌をゴシゴシこすることはNGです。


クレンジングの量を減らして使ったり、時間をかけすぎないことも、ポイントになります。


クレンジング剤は、肌への負担が大きいもの。すすぎも入れて、約1分を目安にして下さい。


水の温度はぬるめが最適です。熱すぎるとクレンジング後の、肌が乾燥しやすくなります。


また、冷水は、クレンジング剤の油分が固まって、落ちにくくなりますので、すすぎの温度調整は、季節に合わせて、意識的にコントロールして下さいね。


洗顔のコラムでもお伝えしましたが、ある程度のメイクは、洗顔だけ、またはクレンジングだけでOKです。あえてダブル洗顔する必要はありません。


クレンジング後に、石鹸などで洗顔すると、顔の皮脂は完全に落ちてしまい、乾燥してしまいます。皮脂を落としすぎると、逆に肌に負担がかかり良くありません。


クレンジング剤と洗顔料の両方を使うときは、気合いがバッチリ入った、フルメイクのときだけにすること。これが肌へのダメージを抑えるポイントです。


しかし、女性のように毎日、メイクしない肌には、そこまで神経質になることはないでしょう。


ですが、そういった女性の気持ちや苦労を知ってるのと、知らないのとでは、女装しているときの仕草に現れてきます。


だから、知識として知っておくことも大切ですね。


-スキンケア
-

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.