髭(ヒゲ)脱毛

メンズ脱毛サロンに通えない!光脱毛器で剛毛な髭を脱毛したい!

投稿日:

この記事の所要時間: 542

光脱毛器 髭


男の剛毛な髭の脱毛を、脱毛サロンや医療クリニックに契約して通い続けなくても、部屋にいながら脱毛サロンと同じ光脱毛できると本当に楽で便利だと思うんですね。


契約をしなくてもいいから法律的な縛りもなく自由です。


髭の脱毛は、光(フラッシュ)脱毛器を使用することで、誰でも簡単に部屋で脱毛サロンと同じフラッシュ(光)脱毛という技術を使って、きれいに脱毛することができます。


ただ、メンズ脱毛サロンや医療クリニックに比べると髭の脱毛に時間はかかります。


正確に言うと、毛量や体質、性別やホルモンバランスなどの影響を受けて、時間のかかる人もいます。


しかし、光脱毛器は、しっかり時間をかけて、自宅にいながら本気で「髭を根本的に薄くさせるぞ!」という男性に向いています。


光(フラッシュ)脱毛器は、脱毛サロンや医療クリニックなどと違って買い切り型の家庭用の脱毛器です。


1度購入さえしとけば、エステサロンや医療クリニックのような断続的な契約の縛りもありませんし、契約を止めたくなったときの解約金や違約金といった面倒くさいことを考えずに、あなたの納得いくまで部屋にいながら髭の脱毛ができますよ。


脱毛は、毛穴から照射させて毛根にダメージを与える回数の積み重ねで髭の発毛機能を弱らせて少しずつ薄くさせていきます。


つまり、家庭用の脱毛器は買い切り型なので、回数や期間の縛りがなく、自宅であなたが納得するまで脱毛を繰り返していくことができるのですね。


脱毛は、言っても人間の生きた「体毛」を扱うものなので、体調や毛質、ホルモンバランス、生活環境、性別や年代に大きく影響をうけますから、本当に個人差があって「正解」を教えることができません。


これは脱毛サロンでも同じです。


ただ、1つの目安として、このブログで紹介している家庭用の光(フラッシュ)脱毛器なら、照射レベル10を1週間に1度の照射ペースを約6ヶ月くらい続けていくと、目で見ても実感できるくらいの効果を感じます。


いきなり、6ヶ月目から効果を感じ始めるというよりは、特殊なフラッシュ光線を繰り返し、繰り返し、照射させていくうちに、髭が生えてくる間隔が長くなっていき、生えてくるスピードが遅くなっていくのを少しずつ感じてきます。


ただ、髭が濃いと、日常生活の中で恥ずかしい思いをする場面も多いと思いますので、脱毛のコンプレックスを少しでも早く解決していきたいと思いますよね。


髭を自宅で薄くすることができれば、他人の視線を気にすることがなくなります。


家庭用の光脱毛器は、買い切り型なので、1度購入さえしとけば何の制約や縛りもなく、あなたの納得いくまで自由に脱毛することができます。
↓ ↓ ↓

>光脱毛器・ケノン詳細コラム<


また、男性の髭は毛根が深い位置にあって脱毛に時間がかかると言われているので、どれくらい繰り返し、繰り返し、毛穴から特殊な光を照射させられるかでも効果に影響はあります。


光(フラッシュ)脱毛器は、あなたの髭の毛穴から特殊な光を照射させる回数の積み重ねによって、少しずつ毛根にダメージを蓄積させていき、髭の発毛機能を弱らせて生えてくる間隔を長くさせていきます。


その照射を定期的に繰り返していくことで、だんだん髭が生えてくる間隔(周期)が長くなってきて毎朝の髭剃りをしなくてもOKな状態までになっていきます。


例えば、このブログで紹介している光(フラッシュ)脱毛器を使って髭を毛根から脱毛していく場合、あなたの肌の状況を確認しながら照射レベルを少しずつ上げて脱毛してくださいね。


たぶん、髭が太く濃いと痛いと思うんですね。


使い続けていくうちに痛みも慣れてきますが、最初は照射レベルを5~7くらいで試してみて少しずつ上げていっても大丈夫です。


痛みの感覚は人それぞれです。


どれくらいを耐えられるのか?ということは分かりませんが、レベル9~10でも大丈夫じゃないかな?付属の保冷剤でちゃんと冷やしながら少しずつ上げていって下さいね。


また、光(フラッシュ)脱毛器を使って照射させる時のポイントとして、先程もお伝えした保冷剤(クーリングパック)で肌を冷やしながら脱毛していきます。


それから脱毛後は保湿はめちゃくちゃ大事です。


保湿クリームでしっかり保湿させることで埋没毛(埋もれ毛)やその他の肌トラブルのリスクを抑えることができますよ。


たぶん、光(フラッシュ)脱毛器に関して色々と調べてご存知だと思いますが、光(フラッシュ)脱毛器は、髭のメラニン(黒色)に反応させて光を吸収させて脱毛をおこなっていきますよね。


フラッシュ脱毛という技術は、メラニンに反応させてフラッシュ光線で攻撃するので、産毛よりは剛毛で毛の1本、1本が太く濃い体毛の方が脱毛しやすいと言われています。


もし、髭の1本、1本が細い場合は、脱毛する前にきれいにカミソリで剃るよりは、1ミリくらい伸ばして照射させるか、または、電気シェーバーでカットしてから照射するのがお勧めです。


ポイントはツルツルに剃るのではなく、少しジョリジョリしているくらいがしっかり光で照射することができますよ。


光(フラッシュ)脱毛器で効率よく脱毛するコツは、全身どこでも、ツルツルに剃ってから照射させるよりは1ミリくらい伸ばした状態でするのがコツです。


それから、光(フラッシュ)脱毛器はカートリッジという、光を照射させるものを取り付けて脱毛していきます。


カートリッジというのは簡単に言うと、掃除機の先の柄のような部分で、脱毛する部位や用途に合わせて取り替えて使います。


ドライヤーの風が出る先端部分のようなものを用途に合わせて取り替えていく、といった方が分かりやすいかな?


カートリッジは消耗品です。


家庭用の脱毛器の中にはカートリッジ式ではないものもあります。


カートリッジ式を採用していない脱毛器は、いっけん、消耗品がでないぶん得するように見えますが、実は、カートリッジが壊れたり寿命がきてしまうと脱毛器本体も使えなくなってしまうんですね。


このブログで紹介している光(フラッシュ)脱毛器は、カートリッジの部分は取替式を採用してます。


消耗品で定期的に買い替えになりますが、カートリッジの寿命がきても取り替えるだけで、すぐに髭の脱毛を再開させることができ、本体部分がムダになりませんよ。


また、他のメーカーの家庭用の脱毛器のように、照射専用のジェルを定期的に購入するようなシステムではありません。


たとえ、カートリッジが取り替え式だとしても、長く使うほど他の家庭用脱毛器に比べてコスパは良くなるんじゃないかな?


光(フラッシュ)脱毛器は、ぶっちゃけ、髭の脱毛に時間はかかります。


1ヶ月、2ヶ月で効果を出したい、ツルツルにしたい、という即効性を求める人には向いていません。


どちらかと言うと、本腰を入れてじっくり毛根レベルから脱毛したい!という脱毛サロンと同じ本格的な脱毛を望む人に向いています。


光脱毛を本格的に受けようと思ったら、脱毛サロンと契約をして期限内にコースを消化していかなければいけません。


料理人や飲食業やホテルマンといった、24時間交代制の忙しい業界で働いている場合は、予約を入れて通い続けるのは厳しいと思うんですね。


しかし、家庭用の脱毛器は、契約や追加料金などを気にせずに、あなたの納得いくまで部屋で脱毛することができます。


髭をスッキリ脱毛して、鏡に映った顔が、昔のように青く光ってないフェイスラインを取り戻して髭のコンプレックスを解決しませんか。
↓ ↓ ↓

>光脱毛器・ケノン詳細コラム<


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.