髭(ヒゲ)脱毛

悪化した髭剃り負けにお勧め薬とアロエクリーム

投稿日:

この記事の所要時間: 45

悪化した髭剃り負けにお勧め薬とアロエクリーム


髭剃り負けで皮膚が赤くヒリヒリしていると思うんですね。


髭剃りは負けは、口元に赤みが出たり、痒くなったり、ニキビや吹き出物も現れることもあり、非常に目立ってしまいます。


早く治さないと恥ずかしくて、他人の視線が気になると思います。


髭剃り負けを定期的に起こしていると、慢性化すると言われていますので、できるだけ早めに病院の皮膚科にいく方が賢明です。




しかし、病院にいかなくても自宅で髭剃り負けを改善できると良いですよね。


ひどい髭剃り負けは、皮膚が強い炎症を起こしてる状態だと思うので、炎症を抑えてくれる軟膏薬がおすすめです。エスエス製薬からでている外用湿疹皮膚炎用薬「新スキンセーフ」を試してみてはいかがでしょうか。


炎症を起こしてヒリヒリした肌に付けてみて、様子を見るのも良いと思います。


髭剃り負け


「新スキンセーフ」は、かぶれやあせもなどに適した皮膚治療薬です。炎症とかゆみを抑えてくれるグリチルレチン酸とアレルギー性の炎症を鎮める成分が配合されているそうです。


かぶれやただれに適していて、ベタつかずに塗ることができ、就寝前に付けるのも良いかもです。


(かぶれ・ただれ・あせも・じんましん・皮膚炎・湿疹・かゆみ・虫さされ・しもやけ)の人におすすめな特徴を持ってるそうです。




同じエスエス製薬からでている「スキンセーフAPPLEクリーム」も、皮膚炎やかぶれに適している外用湿疹皮膚炎用薬です。


「スキンセーフAPPLEクリーム」は、非ステロイド性抗炎症剤ウフェナマートという成分を主成分とした、皮膚炎と湿疹に効く皮膚病薬だそうです。髭剃り負けで皮膚に赤みがでているときに試してみても良いと思います。ステロイド剤が適さない顔におすすめだそうです。


髭剃り負け


(デリケートな皮膚の炎症・赤ちゃんのオムツかぶれなどで非ステロイド剤を探している人)におすすめです。




それから、もうひとつのお勧めは、アロエを使ったスキンケアです。個人的にアロエクリームは長年愛用してます。かなりひどい髭剃り負けには適さないかもしれませんが、炎症を抑える消炎成分も配合しているので、ムダ毛処理や髭剃り後の肌のお手入れに向いています。


髭剃り負け 悪化


悪化した髭剃り負けにも、ある程度の効果はあると思いますが、どちらかと言うと軽度なカミソリ負けからくる炎症を抑えるのに適しています。また、髭剃り負けの予防や保湿クリームとしての使いかもお勧めです。


(濃縮還元「アロエベラ」(保湿成分99%配合)・オーガニックの有機栽培アロエベラ使用・日焼け後 入浴後・ムダ毛処理後のスキンケア)


※アロエベラとはアロエの種類です。葉肉にミネラルやビタミンが多く含まれていて食品としても使われてるそうです。


小さい頃、アロエを軽い火傷の熱取りとして母親が使っていた記憶があります。効果は覚えていませんが、アロエは軽い炎症には効果があると言われていますので、あなたの髭剃り負けに試してみても良いかもです。


ひどい髭剃り負けは病院の皮膚科で受診してくださいね。いくら皮膚の炎症に効果があるからといって、市販の薬には限界があり、きちんとお医者さんに診てもらうほうが治りも早いです。


しかし、病院にいくのは時間もないし、できればドラッグストアや薬局で購入できる市販の薬で簡単に治すことができれば、それがいちばん良いのかな、と思うんです。


また、今回紹介した市販の薬は、髭剃り負けを完治させないまでも、炎症を抑えて病院に行くまでの「つなぎ」として1つは持ってても損はしません。


髭剃り負けが悪化してくると、髭を剃るのにヒリヒリして痛くなったり、赤みが増して見た目も目立ちますので、仕事や学校、人と合うのが億劫になってきます。


髭剃りは、肌に合わなかったり、刺激が強すぎると長年肌荒れが続き、ニキビや吹き出物、炎症や色素沈着の原因になってしまうリスクもあります。


ただ、髭剃り負けは、皮膚の状態や深刻度に個人差があります。薬を使用しても改善しない場合は我慢しないで、すぐに病院の皮膚科で受診されてくださいね。


もし、髭剃り負けを頻繁に起こすようになっていて慢性化しているなら、髭を薄くさせることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。


髭の脱毛は、いろいろなメディアやサイトでも、根本的な髭剃り負けの解決策として提案されていますので、「また、金かかる髭の脱毛かよ」と、思ったかもしれません。


しかし、例えば、このブログで紹介しているエステサロンや家庭用の脱毛器で、髭の毛根から発毛機能を弱めていけば、次第に毎朝の髭剃りをする必要がないことを実感できますよ。


毎日、カミソリで皮膚を剃る必要性がなくなればそのぶん、炎症を起こしてヒリヒリするリスクを減らすことができ、髭剃り負けになりません。


ただ、お金がかかる髭の脱毛には興味ないかもしれませんが、皮膚がヒリヒリして痒みがでる肌のリスクを抑えるには、脱毛クリームや抑毛ローションではなく、髭を根本的に生えさせない脱毛や減毛です。


今回紹介した炎症を抑えてくれる皮膚薬を使っても、髭剃り負けが改善されなかったら、髭自体の発毛機能を弱らせる脱毛も考えてみるのも良いかもしれません。


カミソリをなるべく使わなないようになれば、皮膚への刺激を与えることも少なくなり、髭剃り負けや色素沈着になるリスクを減らすこともできます。

>メンズ脱毛・詳細コラム


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.