髭(ヒゲ)脱毛

ニキビを化膿させない為に髭剃りを止めませんか?

投稿日:

この記事の所要時間: 417

ニキビを化膿させない為に髭剃りを止めませんか?


髭剃りを何年も剃り続けていると、毛嚢炎(もうのうえん)やニキビが出来てしまい化膿して膿を持つこともあり、不衛生な印象を周りに与えてしまう可能性もあります。


髭剃りで化膿してしまうと痛みでジンジンとしてしまい、見た目も汚くなってしまうと思うんですね。また、カミソリでニキビや毛嚢炎(もうのうえん)を傷つけてしまうと、もっと見た目が酷くなってしまうこともあります。だからと言って、髭剃りをしないで良いのかと言うと違うわけで、今日も明日も私達は髭を剃り続けていかなければいけません。特に社会人なら「髭を剃らない」という選択肢は許してもらえないですよね。


それから、私たちのような皮膚の専門家じゃない素人には、毛嚢炎(もうのうえん)とニキビはたぶん、区別ができないくらい似ています。簡単な判別方法は毛嚢炎(もうのうえん)は、周りが赤く、先端が白っぽい感じです。かゆみや痛みがほとんどないということが特徴ですね。


毛嚢炎は、髭剃りなどを続けた結果、菌が毛穴に入り炎症を起こしていると言われていますよね。軽めの場合はほっといても治りますが、このブログで紹介している毛嚢炎などの炎症を鎮めてくれる軟膏を塗布してみても良いかと思います。


>髭剃りで毛嚢炎になった時の市販薬<




ニキビはもうちょっと面倒くさくて、ニキビってある日突然ポッと現れた感じがしますが、実は皮膚の中で時間をかけて作られています。男性ホルモンや皮脂の影響とも言われていて、肌の奥で炎症を起こしてゆっくり時間をかけて肌の表面に現れてくるのですね。


特に20代からできる「大人のニキビ」は10代の思春期ニキビと違っていて、顎の周りにできやすく髭剃りの邪魔になってマジで面倒くさいです。また、一度出来てしまうと治りにくく、ニキビ跡がシミや色素沈着の原因になってしまうこともあります。


ニキビの治し方をここでお伝えしなくても、いろいろなニキビ情報で詳しいと思いますが、ニキビを治すには色々なケア商品があり、多くのニキビグッズが販売されていますよね。予防法としては、睡眠や食生活やホルモンバランスを整えることが重要だと言われています。しかし、多くの原因が身体の中で複雑につながっていて、どれか一つの解決策をしたからといって必ずしも簡単に治るというものではありません。また、肌に刺激を与えていくと悪化することもあります。


だから、髭剃りでできたニキビは治すのに時間がかかり面倒です。


もちろん、ニキビを始め吹き出物は面倒くさいし、見た目がかなり汚く感じてしまい、衛生的に他人からどう見られているのか?心配ですよね。


ニキビや毛嚢炎は、肌と毛穴に毎日、ひげ剃りで刺激を与えているということも少なからず影響を与えています。ニキビや毛嚢炎を直接、治すには塗薬を付けるか病院で診てもらうかで良くなりますが、ひげ剃り後にニキビや毛嚢炎といった吹き出物を作らせない肌環境を作ることも予防としてとても重要になってきます。たぶん、これが作らせないという土台になるんじゃないかな。


例えば、毎日、髭剃りをしない状態になれば、頻繁にカミソリや毛抜きで皮膚を刺激しなくてもすみます。カミソリなどの髭剃りのダメージを与えなければ、ニキビや毛嚢炎を引き起こすリスクを最小に抑えられるのではないでしょうか。


髭剃りをしなければ、少なくとも外からの刺激による原因を抑えることはできますね。


例えば、髭剃りの回数を減らしていけば肌への負担はだいぶ軽くなってきます。ニキビや毛嚢炎などのリスクを減らすことができ化膿することもなくなりますよね。


ただ、髭が濃く剛毛で毛深い体質なら、朝剃っても夕方には髭が生えてきてしまいます。そういう状況の中でどうやって髭剃りを毎日しないですむようにするのか?剛毛な体質じゃなくても仕事をしていれば剃り続けていかなければいけませんよね。肌が弱い敏感肌の男性にとっては深刻な問題です。


できるだけ髭を剃らないような状態になれば、ニキビや毛嚢炎といったものが出るリスクもおさえられ、化膿して汚い印象を相手に与えてしまうということもなくなります。


髭の発毛機能を弱めてみませんか。


髭の発毛機能が弱めることができれば、髭が生えるスピードがめちゃくちゃ遅くなるので、毎日髭剃りをしなくてもすむようになってきますよね。毎日、カミソリで刺激を与えることがなくなればニキビや毛嚢炎といった毛穴のトラブルはなくなりますよ。


ニキビや毛嚢炎は、直接、専用の薬で治療することができますが、そういった薬を含めたケア商品は、肌への刺激までは予防してくれません。髭が徐々に薄くなれば髭剃りの刺激による毛穴のトラブルを抑えることができます。


このブログでは、髭の発毛機能を弱めて少しずつ薄くさせていく家庭用の脱毛器を紹介しています。基本原理は医療レーザー脱毛と同じ脱毛器です。毛穴から髭の毛根に特殊な光を照射させて、髭の成長機能を弱らせて生えてくるスピードを遅くさせていきます。毎朝の髭剃りをする必要がなくなりマジで楽です。髭以外のスネ毛や腕毛、アンダーヘアといった全身脱毛に使えてコスパは最強です。


毛のメラニンの黒色に反応させて毛根にダメージを与える脱毛器なので、ニキビや毛嚢炎でも白色系の薬で、覆い隠せば理論的に使用することができ髭の発毛機能を弱らせてくれます。


ちなみに、ホクロやシミは直接、上からファンデーションを塗ったり、ばんそうこうで隠したりすることで、脱毛器で脱毛することができます。


髭の発毛機能を弱らせて、肌が化膿して汚くなるリスクを減らしませんか。たったこれだけで他人とのコミュニケーションで相手の視線が気になることがなくなり、精神的に楽になります。


口の周りが化膿しなくなればスッキリして綺麗になります。会話中の他人の視線も気になることもなくなりマスクに頼らなくてもよい普通の生活を取り戻すことができますね。


ニキビや毛嚢炎を作らせない予防として、髭の脱毛を視野に入れてみてはいかがでしょうか。


毎日の髭剃りをしなくても良いので楽ですよ。

>脱毛器ケノン・詳細コラム<


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.