髭(ヒゲ)脱毛

髭隠しにコンシーラーとbbクリームはどっちが良いの?

投稿日:

この記事の所要時間: 447

髭隠しにコンシーラーとbbクリームはどっちが良いの?


メイクで青髭跡がなかなか隠す事ができないと、悩んでいるかもしれません。


経験上、コンシーラーやbbクリームを使用しても、100パーセント完璧に髭の剃り跡を隠すことは難しいです。


髭の濃さや密集度、太さなどによっても個人差がありますので、答えは一つではありませんが、


自分の肌質(敏感肌 or 脂性 or 乾燥肌)を見極めて、ルールに捕らわれずに自由な発想でチャレンジしていきましょう。




しかし、髭を隠すことについて、ある程度の基本というか、コツのようなものはありますので、そこだけを抑えておきたいですよね。


メイクの基本でもあるベースファンデーションひとつとって見ても、いろいろなタイプのものがあり、メイク初心者の男性なら戸惑うかもしれません。


メイクに慣れてる人には当たり前のことかもしれませんが、ファンデひとつ取ってもリキッド・ムース・パウダー・オイル、水あり水なしと様々なタイプがあります。




しかし、髭を隠す時に重要になるのが、ファンデの種類というよりは、自分の肌との相性や「使いやすさ」といったフィーリングが大切です。


相性やフィーリング?


と思われたかもしれませんが、それこそ肌感覚での相性というものはとても大事です。


大袈裟言えば、メイク選びは恋愛に似てるともいえるかもしれません。




例えば、いろいろな隠し方がありますが、男の太く濃い青髭を隠すなら、リキッドタイプのファンデーションとルースファンデのコンビがお勧め。


毛穴を塞ぎ、その上からルースファンデーションでがっつり重ね塗ります。


お勧めはコスメデコルテのルースファンデ、コスメにこの値段はだせない!と思うかもしれませんが、使う価値はありますよ。




リキッドタイプのファンデを髭が目立つ毛穴部分になじませて、その上からルースファンデーションをつけます。


肌に負担をかけずにふんわり感を感じさせ、自然なしあがりで皮膚になじみます。


また、リキットファンデーションの代わりに、コンシーラーやBBクリームを髭の毛穴に塗ってもOK




コンシーラーやBBクリームの上から、ルースファンデーションで自然な仕上がりにしていきます。


しかし、体調や肌の具合やヒゲの濃さによっては、隠すことが難しいヒゲ跡もあります。


その場合は、裏技的としてオレンジ系のチークをヒゲの毛穴に薄く塗り、自然な感じで伸ばしていきます。




コツは、ヒゲの毛穴部分の凹凸感を平らに馴染ませていくように伸ばすこと。


左官職人の挾土秀平(はさど しゅうへい)さんって知っていますか?


挾土秀平さんインタビュー


イメージ的に、左官職人の挾土秀平(はさど しゅうへい)さんが手がけた芸術作品のように平らに仕上げていくような感じです^_^


しかし、いくら左官職人の挾土秀平さんのような職人技を持っていても、どうしても消せないヒゲ跡もあります(~_~;)




消せない、というと少し違いますが、


メイク後は、ヒゲの毛穴をキレイに消すことは出来ていますが、時間が経ってくると毛穴部分が目立ちます。


また、いくら髭剃りをきれいにしていても、ヒゲ自体を根本的に薄くしていませんので、直ぐに太く新しい毛が生えてきます。




コンシーラー・BBクリーム・ファンデーションといったメイクでヒゲを消すことは、どうしても限界が出てきます。


とくに、その限界が外出先で来たら最悪です。


トイレでメイク直しもできますが、長時間のイベントなどでは、ヒゲ(毛)が伸びてくることもありますので、生えかけのヒゲを隠すには限界があります。




ルースファンデやコンシーラー・BBクリームなどは、ヒゲ跡の「肌の色」は隠せますが、「伸びてきた毛」は隠すことができません。


髭を隠すことに、コンシーラーやメンズ用のBBクリーム、パウダーファンデーションなどを上手に活用するテクニックは大事です。


しかし、隠すということと同時に、薄くさせるというテクニックも、綺麗に振舞い、魅力的に見せるという点では重要になってきます。




ヒゲ自体を毛根レベルから根本的に薄くしていく脱毛処理も視野にいれてみませんか?


フラッシュ脱毛なら、髭の毛根と周辺組織を特殊な光で熱を加えて、髭の発毛機能を弱めます。


髭の発毛機能を弱めて毛を薄くしていきますので、徐々に髭跡(毛穴)が目立たなくなります。


そうなってくると、髭隠しのメイクもそれほど難しくなりますし、長時間の外出での髭が伸びることへの心配もなくなります。




少なくとも、髭のことを気にすることがなくなると、外で集中して楽しむことができますよ。


髭の脱毛は、「髭を隠す」というよりは、髭に主張することをやめてもらう、という感じです。


発毛機能にダメージを与えますので、徐々に髭は弱々しくなり薄くなって主張しなくなります。




髭の濃さや毛の周期などが重なって直ぐに薄くなったりはしませんが、カミソリやシェーバー・脱毛クリームのように、処理しても、処理しても、太い毛が生え続けてくるわけではありません。


フラッシュ脱毛は、永久脱毛ではありませんが、毛を弱らせ細くさせて、毛穴を目立たせなくします。


髭は他人の視線を集めやすい所にありますので、それがなくなってくると、より女性としての振る舞うことができるし、外出時のエチケットしても重要だと思います。


自分の肌に合った、ルースファンデーション・コンシーラー・BBクリームなどを活用しながら、メイクの腕を上げていく、


と同時に、髭を根本的に薄くさせていくフラッシュ脱毛で、フェイスラインを美しくさせていきませんか?


脱毛は、単に毛をなくしたり薄くさせるだけではなく、自信を持つことができます。その自信が歩き方や手の動かし方といった、立ち居振る舞いまで影響を与えるのですね。


フラッシュ脱毛は、脱毛すればするたびに毛の周期が遅れだして、髭が生えてくるスピードが遅くなります。


毛も細くなるので青髭の原因でもある毛穴が目立たなくなりますので、長時間の外出でも髭のことが気にならなくなりますね。


>>青髭跡の肌を傷つけずに処理する方法


-髭(ヒゲ)脱毛
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.