男の脱毛器

自宅にいながら髭脱毛器を上手に活用して本気で髭を薄くしよう!

投稿日:

この記事の所要時間: 632


髭が濃かったら、他人との会話中に視線を感じたり、電車内でさりげなく見られることもあり、本当に恥ずかしい思いをする場面が多いと思うんですね。


髭の脱毛は、除毛クリームや抑毛剤といった安いものから、脱毛サロンやクリニックのような本格的な脱毛法まで様々な脱毛法があります。


様々な脱毛法はありますが、除毛クリームや抑毛剤は、「脱毛」ではなく「除毛」ということで、皮膚の上から見えている「毛のみ」を取り除く除毛スタイルなので、何度も何度も新しい太い髭が生えています。


脱毛するたびに、髭の発毛機能を弱めて徐々に髭が生えてこなくなる家庭用の脱毛器を使って髭をスッキリ綺麗に脱毛してみませんか。


家庭用の脱毛器は、本当に髭をきちんと脱毛できるのか?ということがとても不安だと思うんですね。


確かに、いろいろな意見やレビューがあり、中にはネガティブな意見も沢山あります。


ただ、どちらかというと、髭の脱毛器に関しては、あまりにも良い感想しかないからそれが逆に疑わしい!という感じになるのかもしれません。


しかし、このブログも含めて他人のレビューに振り回されるのではなく、あくまでも参考程度に受け止めることが大事です。


脱毛は、脱毛するタイミング、毛の量、ホルモンバランス、生活習慣、性別、年代、体調、といった様々なことが複雑につながって効果が出るまでの時間が変わってきますから、誰かの成功談や失敗談と同じ結果になるとは限らないのですね。


特に、男性の髭は毛根が深い位置にあると言われていて、脱毛に時間がかかる箇所だと言われていますよね。


ちなみに、除毛クリームや抑毛剤は髭の毛根を破壊しないので、すぐに新しい髭が生えてくるのです。


もし、お金をかけずに自宅で出来る髭脱毛を探していたとしたら、申し訳ないです。


このブログで紹介している髭脱毛は、お金をかけてきちんと自宅にいながら根本的に脱毛していくスタイルなので、安価な商品や無料アイテムを探していた男性にはきついかもしれません。


でも、髭は位置的に顔にあるので、コンプレックスの深さは根深く、日常生活の色々な場面で恥ずかしい思いをしてきて辛かったこともいっぱいあったと思うんです。


私も毛深い体質なので理解できますが、毛深いというコンプレックスは、この日本では本当に辛いですよね。


しかし、このブログで紹介している家庭用の脱毛器は、髭を毛根からダメージを与えて発毛機能を弱めていくので、時間をかけながら確実に髭を根本的に薄くしていきます。


家庭用の脱毛器を上手に活用して、髭のない普通の生活を取り戻しませんか。
↓ ↓ ↓

>髭脱毛機ケノン・詳細コラム<


髭脱毛器のメリット


脱毛器を使って自宅で髭の脱毛するメリットは、正直いってコスパの良さと、脱毛サロンやクリニックのように契約に縛られない自由度の高さです。


よく言われるように、家庭用の脱毛器は、脱毛サロンの業務用の脱毛機に比べて照射パワーを抑えられてるかもしれません。


しかし、家庭用の脱毛器は買い切り型です。脱毛サロンやクリックのように契約に縛られずに、髭を薄くするまでじっくり時間をかけても追加料金を気にすることなくあなたが納得いくまで脱毛することができます。


家庭用の脱毛器は、髭を薄くすることはできます。(個人差はありますが、6ヶ月くらいから実感できますよ。)


脱毛器は、自宅にいながら、じっくり時間をかけて髭を薄くするぞ!という男性にむいています。


ついでに、髭以外のスネ毛、腕毛、アンダーヘアの脱毛もできますしね。


例えば極端に言うなら、髭を薄くするだけなら、光脱毛のエステサロンでも良いですし、医療クリニックのレーザー脱毛でもOKです。


むしろ、本当に100%永久脱毛するなら、かなり高額になりますが、医療系の脱毛のニードル(電気針)脱毛かレーザー脱毛が適しています。


少し話は逸れますが、男性は思春期をなると、男性ホルモンが盛んに分泌され、太く濃い体毛に変わっていきますよね。


女性の方でも、個人差はありますが、ホルモンバランスが崩れてくると、テストステロンという男性ホルモンや、男性ホルモンと似たような働きをするホルモンの分泌が多くなり、体毛が濃くなるということを聞いたことがあります。


そういった、特に毛深い体質の男性や女性の髭を自宅で脱毛させるには毛のメラニンに反応させて発毛機能を弱らせる、家庭用のフラッシュ脱毛器が向いていますよ。


しかし、フラッシュ(光)脱毛器に関して、色々なサイトやブログなどでレビュー記事や紹介記事を読んで、何だか嘘くさいな、と思ってる人もいると思うんですね。


それくらいにフラッシュ脱毛器は普及していて、多くの髭が濃い男性に使われています。


しかし、あなたがどう思おうが、フラッシュ(光)脱毛器を使って、定期的に毛穴からフラッシュ光線の照射を積み重ねていくことで、ヒゲは減毛(薄くする)することができます。


永久脱毛ではありませんが、脱毛はレーザーでも光(フラッシュ光線)でも、毛穴からの照射回数の積み重ねを繰り返していくことで、少しずつヒゲを弱らせて薄くさせていきます。


脱毛は、照射回数の積み重ねが大事なのですね。


脱毛器の照射パワーも大事ですが、1番大事なことは定期的に照射を続けていくことです。


それには、脱毛サロンやクリニックのような、契約という縛りや制限が家庭用の脱毛器にはありませんので、あなたが効果を実感できるまで、定期的に繰り返し、繰り返し、脱毛照射させることができます。


ちなみに、個人差はありますが、男性の髭なら1週間に1〜2度の照射レベル8~10を6ヶ月以上続けていくと、髭が生えてくる間隔が長くなってきた?という実感を感じます。


基本は2週間に1度の照射ペースですが、髭の脱毛に慣れてくると、毛の生えてくるスピードや肌の調子を見ながら、1週間に1度のペースにしても良いかもですね。脱毛後の保湿はしっかりしながら続けていくと、毛が生えてくるタイミングが遅くなってきますよ。


だんだん髭が生えるスピードが遅くなってる?という実感を感じるのが、だいたい6ヶ月あたりかな、と思います。


それから、効率よく照射させるコツはツルツルに剃ってから照射させるのではなく、少し生えてきた状態が効率的に毛の発毛機能にダメージを与えやすいです。


基本的に、そのへんは神経質にならずに、皮膚を冷やしながら脱毛していきます。脱毛後の保湿クリームなどのケアは、埋没毛(埋もれ毛)やその他の肌トラブルのリスクを減らすことができますので、保湿と脱毛はセットで考えてくださいね。


このブログで紹介している家庭用の脱毛器は、1年間の保証が付いていて、日本の工場で作られた安心の日本製です。


脱毛器は、直接肌に付けて使うアイテムなので、信頼できる日本製なら安心です。


また、音が静かなので、深夜からでも脱毛を始めることができますよ。ちなみに消音機能も付いています。


電源をオンにして照射するだけで簡単です。ガラケーやスマホが普通に使える人なら誰でも操作は簡単にできますよ。


また、家庭用脱毛器には、いろいろなタイプの脱毛器があります。


毛を抜くタイプの家庭用の脱毛器もありますが、毛抜きを続けていくと、途中で切れた毛が埋没毛(埋もれ毛)になったり、炎症を起こしてしまうこともあるということはご存知だと思います。


自宅で「じっくり髭の脱毛するぞ!」と思うなら、毛根から発毛機能を弱めるフラッシュ脱毛器がおすすめです。


永久脱毛ではないですが、エステサロンと同じフラッシュ脱毛という技術を使っているので、特殊な光を毛穴から照射させることを定期的に繰り返すことで髭を薄くさせます。


医療クリニックのレーザー脱毛と同じ原理の脱毛技術です。


フラッシュ脱毛器はレーザー脱毛に比べると痛みが少ないと言われていますが、髭や太い体毛が密集している部位の脱毛は痛いです。


しかし、照射を繰り返していくことで、薄くなっていき面積も小さくなるので、痛みは少なくなっていきます。(痛みの感覚は人それぞれで、断言できませんが、慣れてきます。)


また、紹介している脱毛器は、別売りの美顔器用のカートリッジに付け替えると、エステサロンで実施している光フェイシャルとほとんど同じ美顔器が使えます。


シミの原因と言われているメラニンにダメージを与えて肌の新陳代謝を促進させることにより、肌を整えていくそうです。(青ひげにお勧めかもです。)


ちなみに、脱毛器と美顔器では、光の波長を変えるフィルターが違います。


髭の剃り方によっては、朝剃っても、夕方には生えてくることもあると思うんですね。毎朝の髭剃りは本当に面倒くさいです。


しかし、家庭用の脱毛器で定期的に脱毛していくと、だんだん髭が生えてくるスピードが遅くなり、毎朝の髭剃りする必要がなくなりますよ。
↓ ↓ ↓

>髭脱毛機ケノン・詳細コラム<


-男の脱毛器
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.