髭(ヒゲ)脱毛

髭を抜くことで毛穴から膿がでる(毛嚢炎に効く薬)

投稿日:

この記事の所要時間: 541

髭剃り 毛嚢炎

髭を抜き続けていると、毛穴が炎症を起こしてしまいジュクジュクして毛嚢炎(もうのうえん)になってしまいます。また、長年カミソリで皮膚に刺激を与え続けると、髭剃り負けを起こしてしまいニキビや膿が出てしまい見た目も衛生的にもよくありません。


毛穴が化膿して膿になり、ジュクジュクしてかなり辛いと思います。


あまりに毛嚢炎(膿やニキビなども)がひどい時は、病院の皮膚科で受診してきちんと診察してもらってください。このブログのコラムも含めてネットからの情報を鵜呑みにすることなく、皮膚科できちんと先生に相談してくださいね。


1つの病院で良くならないときは、2つ3つと違う皮膚科を通い、別の先生に診てもらうことも重要です。できるだけ大きな病院で診てもらってください。


先程もお伝えしたように、このブログのコラム記事も含めて、ネットに上がってる情報は参考程度にどどめておいてください。ネットの情報だけを信じて自己判断でずっと放置しておくと、毛嚢炎(膿など)を悪化させてしまう可能性が大きいです。


髭が濃いと頻繁にカミソリで剃ってしまいます。カミソリでの髭剃りは、簡単に一瞬にきれいにしてしまうので、いっけん肌がツルツルになってるように感じます。


しかし、カミソリの刃は皮膚の表面を一部削ってしまってると言わられていますよね。そのままにしておくことを長年繰り返していると、炎症を起こして毛嚢炎になるリスクが高くなると言われています。


できれば髭剃りは毎日しない方が、毛嚢炎にはなりにくいです。


しかし、接客業や営業マン、ホテルマンといったお客さんと直に接する職業の人は、髭を伸ばして仕事をする、ということはできませんよね。


そういうときは、マスクを使用してください。今は接客業でも営業マンでもホテルマンでも、マスクを使用して接客しても失礼に当たりません。むしろマスクを着用せずに髭剃り後のジュクジュクした膿や毛穴の炎症や赤みを見せるほうが失礼に当たります。


仕事でマスクをしても大丈夫ですよ。その間はできるだけカミソリを使用することなく電気シェーバーなどを使ってください。電気シェーバーは皮膚への刺激がカミソリよりはマシという程度ですが、カミソリでジョリジョリ剃って刺激を与えるよりは皮膚的にはマシです。


それから、できれば病院の皮膚科に通う前に自宅で治したい、という人や仕事の関係上、すぐに通うことが出来ない人向けに、髭剃り後の毛嚢炎(膿や炎症など)を治してくれる市販の軟膏を使ってみるのも良いと思います。


以前、このブログで紹介した、ゼリア新薬工業の「ドルマイシン軟膏 」が、髭を抜き続けたり、刺激による炎症を起こした皮膚や毛嚢炎にお勧めです。病院に行く前にできるだけ自宅で治したいという人には試す価値はあると思います。病院に行く前に、様子を見ながら炎症を抑えるのには有効だと思います。


髭 毛嚢炎


髭処理の肌トラブルに有効なゼリア新薬工業の「ドルマイシン軟膏 」の効能と効果は、外傷・火傷などの化膿予防と治療、膿痂疹(とびひ)・毛嚢炎・湿疹・等に効果があります。


使い方は、通常1日に1〜3回、適量を患部に直接、またはガーゼなどを使用して塗布します。


髭剃り 毛嚢炎



髭を抜くことによって膿がでたり、化膿して毛嚢炎を起こしたりと、髭に関する毛穴のトラブルは本当に多いです。


これは、現時点で毛嚢炎で悩んでる人にとっては髭剃りを続けていく限り、毛穴のトラブルのリスクは避けられません。


髭処理が辛いのは、職業的に毛嚢炎になって膿がでても髭の処理をしなければいけないこともあります。そういう場合は電気シェーバーをなるべく使用してください。


本当は毛穴の炎症が落ち着くまで、髭処理はストップさせたいですが、お医者さんのアドバイスに従うか、市販の軟膏で落ち着くまで様子を見てみるのも良いかもですね。


しかし、皮膚科に通って完治しても、市販の軟膏を使用して毛嚢炎を治すことができても、これから先ずっと髭を剃り続けたり、抜き続けていくのはトラブルを起こすリスクをどんどん高めていきます。


肌の弱い人は髭剃り負けを起こしやすいので、できるだけカミソリで刺激を与えないようにしなければいけません。もちろん、毛抜きは絶対にダメです。


髭剃りで皮膚を削ぎ落としていくことにより、ヒリヒリと赤く腫れてしまいます。また、軽い火傷のように赤みを帯びてほてりのような痛みも感じてしまいます。


髭剃り負けは慢性化しやすいと言われていますので、できれば、髭剃りを控えるようにしていくほうが毛穴のトラブルを抑えることができます。


膿やニキビのような炎症を起こさせないように、できるだけ髭剃りをしないようにしてみませんか。


これはマジで言いますが、髭を脱毛をすると、カミソリでの髭剃りを毎日しなくてもすみます。メンズエステサロンでも医療レーザー脱毛でも構いませんが、髭の脱毛は毛穴の膿や毛嚢炎をなくしてくれますよ。


このブログでは、脱毛サロンや医療クリニックで受けられる髭の脱毛も紹介しています。


しかし、「脱毛サロンやクリックに通う時間がない!」


という方には、最初は家庭用の脱毛器をお勧めしています。脱毛サロンの光フェイシャルとほぼ同じ美顔器機能も付いているので、個人差はありますが髭剃り後の毛穴ケアに使用しても有効だと思います。


ぶっちゃけ言うと、脱毛器の値段は高いです。高いと言ってもiPhoneよりは少し安いくらいですかね。iPhoneの機種変するのは迷わないのに、身体のコンプレックスを解決できる脱毛器の購入には皆さんめちゃくちゃ慎重になります。


気持ちは分かりますが、毛嚢炎のリスクを減らすことができる脱毛器は慎重になるのに、iPhoneやアンドロイドスマホは勢いで購入するというのが不思議です。^^;


髭を抜き続けると皮膚の刺激がメラニンを刺激して、色素沈着になることもあります。また、毛穴が炎症を起こして膿がでたりニキビや吹き出物が頻繁にでてしまうという肌トラブルもあります。


髭は他人の視線を集める部位です。とても目立ちます。1ヶ月くらいならマスクを使用してもコミュニケーションや仕事としても不思議ではありません。その間に脱毛器を使って徐々に髭の発毛機能を弱めていき、少しずつ髭が生える間隔を遅くさせていくというのはどうでしょうか。


定期的に脱毛を繰り返していけば、だんだん髭が生えてくるスピードも遅くなります。そうなってくると毎朝のひげ剃りをする必要もなくなり本当に楽になってきますよ。


カミソリの刃は肌に直接触れるため、毛穴の炎症を引き起こし、肌荒れの原因になってしまいます。


毛穴の膿やニキビといった炎症などの肌トラブルを薬で一時的に治しても、毎日髭を剃り続ける行為は再び毛嚢炎(膿や炎症)になるリスクが高いです。


再び毛嚢炎などの毛穴のトラブルを起こさせないようにするために、肌の状態が良くなったら髭の脱毛も視野にいれて考えてみてはいかがでしょうか。


このブログで紹介している家庭用の脱毛器は、脱毛サロンと同じような光フェイシャルができる美顔器としての機能も付いています。


フラッシュ脱毛という技術を採用しているので、毛穴の引き締めや美肌の効果も期待でき、家族みんなで使用することもできます。


家庭用の脱毛器は高額ですが、1度購入さえしとけば、エステサロンや医療クリニックのようなコースの契約に縛られずに、追加料金や解約金、違約金といった面倒くさいことを心配しなくてもあなたの納得いくまで自宅で髭の脱毛ができますよ。


毛嚢炎は本当に辛いです。男性の場合は、毛嚢炎や吹出物ができても髭は剃り続けなければいけないので、毛嚢炎や肌トラブルを何度も、何度も、繰り返してしまいます。


家庭用の脱毛器で定期的に髭を脱毛していけば、だんだん髭が生えてくるスピードが遅くなってきます。毎朝の髭剃りをしなくても済みますので、髭剃りで血だらけになったりしませんよ。
↓ ↓ ↓

>ケノン脱毛器・詳細コラム<


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.