髭(ヒゲ)脱毛

男性ホルモンを減らして濃い髭を薄くするには?

投稿日:

この記事の所要時間: 647

髭 男性ホルモン


髭が濃かったり毛深い体質の場合は、男性ホルモンの影響もあります。


男性ホルモンをどうにか減らして、髭や毛深い体質を改善できないかな?と考えてしまいます。


ネットを検索してみると、男性ホルモンを抑えるには、大豆や豆腐といったイソフラボン系の食べ物が良いとされています。


イソフラボン系の食べ物は、女性ホルモンを増やすのに良いと言われていますので、男性ホルモンを抑えるために豆乳や納豆、イソフラボン系のサプリを摂ってる男性も多いんじゃないかな。


また、亜鉛も女性ホルモンの活性化に良いと言われていますよね。


女性ホルモンを活性化させるイソフラボンや亜鉛が髭を薄くさせる働きに効果あるんじゃないか?というふうに期待してしまいます。


例えば、亜鉛サプリは妊活中の女性の身体にも良いとされていて、女性ホルモンの働きをアシストする働きがあるとされています。


男性の身体に直接当てはまるか分かりませんが、亜鉛は生殖機能の働きを助ける機能に関係してるとされていて女性ホルモンを活性化させるそうです。


女性ホルモン


たしかに、サプリを購入しようと色々説明を読んでいた時、亜鉛は髪の毛を作る働きを助けるというような説明が書かれていました。


亜鉛は毛髪の代謝を助ける働きを即し、抜け毛に効果があるとされています。


髭と男性ホルモンの関係は?


私たちの体毛のうち、眉毛から下の体毛に影響をあたえるのが性ホルモンのアンドロゲン(男性ホルモン)です。


そして、眉毛から上の体毛、すなわち髪の毛の成長に影響をあたえるのはエストロゲン(女性ホルモン)です。


アンドロゲン(男性ホルモン)の働きが大きくなれば女性ホルモンであるエストロゲンの働きが抑えられて、薄毛になるといわれています。


確かに、眉毛から下の体毛が濃い男性は男性ホルモンが活性化されていますので、女性ホルモンの影響下にある頭髪が薄くなるのも納得できます。


男性ホルモンがバランス的に強いということです。


髭を薄くするには体内から男性ホルモンを減らす方は良い?


じゃあ、イソフラボンや亜鉛を定期的に体内に摂取したら、髭は薄くなっていくのか?


例えば、亜鉛は抜け毛を予防する効果があると言われてるということは、女性ホルモンの働きを活性化させて少なからず男性ホルモンを抑えるのに影響を与えそうですよね。


定期的に亜鉛サプリを摂り続ければ男性ホルモンを抑えることに意味はありそうです。

サプリ


男性ホルモンを減らすには色々なところで言われているように、食事や栄養素で少なからずコントロールすることはできると思うんですね。


しかし、食事や栄養素で体内から少しずつ改善させていくには、それこそたぶん5年、10年と定期的に摂り続けていくことにより、イソフラボンや亜鉛を摂り続けていない男性に比べて効果を実感できるのだと思います。


食べ物やサプリメントの効果は、それこそ5年、10年という単位で見ていくことで、「そう言えばここ10年くらい風邪ひかないな?もしかして定期的に飲んでるサプリのおかげかな?」というふうに振り返って見て効果を実感できるのだと思います。


また、多毛症といった場合は、ホルモンバランスが崩れているので、医療機関で女性ホルモンを投与して、ホルモンバランスを正常に整えていくという治療法もありますので、病院で診察してください。


どちらにしても、男性ホルモンをある程度コントロールして抑えられることはできます。


しかし、これが直接、すぐに濃い髭を薄くすることに繋がるかと言われると正直、疑問です。


濃い髭を薄くさせるために男性ホルモンを減らす方法というのは、5年、10年と長いスパンで見た場合は有効だと思います。


サプリや食事で男性ホルモンをコントロールして抑えていくには、長い時間の計画と地道な努力が必要です。


男性ホルモンと同じように髭を薄くする方法はないの?


髭を濃くなる原因は男性ホルモンが大きく影響しているというのは分かったのではないでしょうか。


しかし、一般家庭の食事や生活習慣の中で、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンだけを劇的に上げるということは難しいです。


それでは髭を薄くさせることはできないのか?


というと、そんなことはありません。


体内からイソフラボンや亜鉛サプリメントを摂取していくのと同時に、物理的に髭を薄くさせていく方法は効果があります。


物理的に薄くさせていくというのは、イソフラボンや亜鉛サプリメントのように体内からのアプローチとは違い、髭の毛根に直接ダメージを与える脱毛です。


イソフラボンや亜鉛サプリメントを摂取しながら同時に、髭の脱毛も始めてみませんか。


髭の脱毛は、体内から長い時間(5年、10年)をかけて女性ホルモンを活性化させるというようなアプローチとは違い、直接ヒゲの毛根に働きかけて発毛機能を弱めますので効果は早く出ます。


直接、髭の毛根にダメージを与えて発毛機能を弱める家庭用の脱毛器やメンズ脱毛サロンも視野に入れてみてください。


難しく考えないでくださいね。


現代の脱毛技術では、あなたの太く濃い剛毛な髭を薄くさせることは簡単にできます。


簡単に、というと語弊がありますが、確実に毛根レベルから薄くさせることはできます。


亜鉛サプリなどを摂って体内から男性ホルモンを抑えるのと同時に、髭の発毛機能を弱める髭の脱毛も、髭を薄くする解決策の1つとして考えてみてください。


髭と男性ホルモン・まとめ


髭が濃かったり、体毛が濃い場合は他人の視線が気になりますし、色々なことを日常生活の中で我慢することになります。


特に髭は他人の視線にさらされやすいので、会話中の相手の視線が気になったり、人間関係に影響を与えることもあります。


他人の視線を集めることになる私たち男性の髭(体毛)は、思春期に性ホルモンのアンドロゲン(男性ホルモン)の影響で徐々に太く濃い毛に変わってきたのです。


男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを活性化させるには、女性ホルモンに良いとされてるイソフラボンや亜鉛の摂取が有効だと言われていて、健康管理を含めて多くの男性が摂取してるのではないではないでしょうか。


ただ、イソフラボンや亜鉛サプリメントを摂取したからといって、すぐに女性ホルモンが活性化され髭が薄くなるということはなく、そのほかの生活習慣と一緒に長い期間続けていく必要があります。


男性ホルモンの影響で濃くなってきた髭を薄くしていくのに、男性ホルモンを抑えたり、女性ホルモンを活性化させるというアプローチも大事です。


しかし、直接、髭の毛根にダメージを与えて発毛機能を弱めて徐々に髭を薄くさせていく「髭の脱毛」は、もっと現実的に効果があります。


髭の脱毛も視野に入れてみてください。


髭の発毛機能が弱まり生えてくるスピードが遅くなると、毎朝の髭剃りも楽になります。


例えば、髭剃りを続けていくと、同じところにニキビが出始めたり、毛穴が炎症を起こして化膿してしまう毛嚢炎(もうのうえん)になることもあります。


また、ニキビをカミソリで誤って剃ってしまい血だらけになってしまうこともあります。


このブログで紹介している髭の脱毛は、定期的に脱毛処理していけば、だんだん髭が生えてくるスピードが遅くなり、生える間隔(周期)も長くなります。


そうなってくると毎朝の髭剃りをする必要もなくなってきてるので、髭をいじってニキビを潰したり、吹き出物をカミソリで削ぎ落としたり、という肌のトラブルの心配はなくなります。


女性ホルモンを活性化させると言われているイソフラボンや亜鉛サプリメントを摂取することも重要ですが、直接髭の毛根にダメージを与える脱毛は、もっと効率的に髭を薄くさせていきます。


薄くさせるといっても、カミソリや除毛クリームといった髭の表面上に生えてきた「毛のみ」を一時的に除毛するのではなく、髭の発毛機能を弱めて根本的に生えなくさせます。


とは言っても、「そうか!」と言って髭の脱毛にお金と時間をかけるのは抵抗があるところだと思います。


本音を言えば、できるだけお金をかけずに早く髭を薄くしていきたいですよね。


だから、接客業やサービス業など、人間関係を重要視する職業に就いてる男性にこそ髭の脱毛はおすすめです。


職業柄、髭の脱毛にお金と時間をかけても清潔感という面から見てもエチケットとして損しないんじゃないかな。


女性ホルモンの活性化に有効だと言われている亜鉛やイソフラボン系のサプリや栄養素を摂ることも大事です。


髭が濃いと、他人からの視線を集めやすく気になります。


特に接客業やサービス業など、対人関係を重視している職業の人は辛いです。


朝剃っても夕方には直ぐに生えてしまうという青髭タイプの男性の悩みは深いです。


このブログで紹介している家庭用の脱毛器とメンズ脱毛サロンは、フラッシュ脱毛という脱毛技術を採用しているので、髭の発毛機能を弱めて徐々に薄くしていきます。


イソフラボンや亜鉛サプリメントを摂取することによる、ホルモンからのプローチと同時に、物理的に髭の発毛機能を弱める脱毛も解決策の1つとして視野に入れて考えてみてください。


難しく考えないでくださいね。現代の脱毛技術ではあなたの髭を薄くさせることはできます。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ランキング詳細はこちら


-髭(ヒゲ)脱毛
-,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.