メンズ脱毛サロン

ヒゲの光脱毛は効果があるのか(照射回数は?)

投稿日:

この記事の所要時間: 319

ヒゲの光脱毛は効果があるのか(照射回数は?)


光脱毛(フラッシュ脱毛)は濃く太い男性のヒゲの脱毛に効果はあるのか?ということは良く聴きますが、光脱毛でも男性の太く濃いヒゲを脱毛することはできます。


実際に、このブログで紹介している家庭用の光脱毛器でも、照射回数を積み重ねることで徐々に薄くなります。


脱毛は光でもレーザーでも、照射回数の積み重ねでヒゲにダメージを与えて薄くさせていくので、定期的に薄くなる回数まで光を毛穴から照射させればヒゲの脱毛はできます。


ただ、ヒゲの脱毛は他の箇所の脱毛に比べても、時間と照射回数が必要になってきますので個人差はありますが、平均的に10回ぐらいの照射回数が必要です。




脱毛は何回で脱毛効果が現れる?ということも大事ですが、それより重要なことは、定期的に繰り返し毛穴から光を照射させることを続けられるか?ということが大事です。


これが結果的に回数につながりますが、無意味に照射回数を増やしていっても脱毛する間隔を開けていては効果は薄くなってきます。


定期的に光脱毛をすれば、ヒゲを薄くさせていくことはできますよ。


光(フラッシュ脱毛)脱毛は医療クリニックのレーザー脱毛と同じ原理です。


体毛の毛根部分とその周辺組織に特殊な光を照射させて、毛の発毛機能を弱らせて毛の発育を邪魔させていく脱毛技術です。


光の波長は医療レーザー脱毛の光よりは幅が広いため、産毛から太い毛まで対応していると言われているので、サロンや家庭用の脱毛器に多く普及しているのですね。




しかし、毛質やホルモンバランスなども関係してくると思いますが、個人的に産毛を脱毛しようとすると普通の毛に比べて時間がかかるのかな、という印象を受けます。


フラッシュ(光)脱毛は、ヒゲのメラニン(黒)に反応させて、そこに特殊な光を照射させ熱で毛根組織を破壊して脱毛します。メラニンの黒色に反応するので太く濃い毛の方が照射させやすいのかもしれませんね。


しかし、産毛タイプの体毛の場合は、剃らずにそのままで(1ミリ〜2ミリ)で照射することがポイントです。


また、光脱毛はレーザー脱毛ほど威力が強くありませんので、肌が弱い人や敏感肌の男性のヒゲ脱毛に向いています。


これは敏感肌の対応にも通じることですが、レーザー脱毛よりも広範囲に照射することができるので、レーザー脱毛よりはショット回数を減らして口の周りやアゴの脱毛ができます。




また、家庭用の光脱毛器なら、照射レベルを調整しながら、あなたの肌の状態に合わせて負担を減らし脱毛することができるという特徴もあります。


カミソリ負けや肌荒れをしやすい肌質なら照射レベルを落として定期的に脱毛すればカミソリ負けや肌荒れを起こしにくくなります。


このブログではメンズ脱毛サロン店と家庭用の脱毛器をピックアップして紹介しています。


脱毛はレーザーでも光でも、照射回数の積み重ねで、毛を弱らせて薄くさせていきます。


例えば、メンズ脱毛サロンの髭プランを利用して、ある程度ヒゲを脱毛させることができると、その続きの脱毛を自宅の光脱毛器で行うという脱毛のやり方もあります。


光脱毛は永久脱毛ではありませんので、定期的に光で照射させて脱毛をしていかなければ、ヒゲは生えてきます。


家庭用の脱毛器は買い切り型なので、一度購入しとけば、何度でも光脱毛ができるというメリットもあります。


光脱毛でのヒゲの脱毛は個人差はありますが、約10回くらいの照射が目安です。脱毛器なら1、2週間に1〜2度の照射回数で6ヶ月くらいから効果が現れてきます。


サロンはもう少し速いのかもしれませんが、あなたの生活スタイルに合わせて、サロンでの光脱毛でも良いですし、家庭用の脱毛器で、あなたの納得いくまで自由に脱毛するのも良いと思います。


サロンでも家庭用の脱毛器でも、照射回数の積み重ねでヒゲは脱毛できるので、どれを選んだとしても大きな失敗はありません。


通うのが大変で自由に脱毛がしたいなら家庭用の脱毛器が向いていますし、専門のスタッフさんと相談しながら脱毛したいなら、メンズ脱毛サロン店が向いています。


このブログでは脱毛技術はもちろんですが、料金体型が良心的なサロンと、家庭用の脱毛器を紹介しています。


ヒゲ脱毛する上で、光脱毛の参考にしてもらえると幸いです。

>脱毛サロン・光脱毛器の詳細コラムはこちら


-メンズ脱毛サロン
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.