髭(ヒゲ)脱毛

営業マンは髭を剃るべきか?ビジネスマンと髭とお客様の関係

投稿日:

この記事の所要時間: 614

営業マンは髭を剃るべきか?ビジネスマンと髭とお客様の関係


営業 髭


日本では一般的な常識として、営業マンがヒゲを生やすことは敬遠されてます。


個人的に営業マンがヒゲを生やすことはOKだと思いますし、無理に剃らなくても大丈夫だと思いますが、会社の規則や人間関係があり、なかなか営業マンが髭を生やすことは難しいかもしれません。


ある程度の年齢をいくと綺麗に髭を整えることで、「ダンディズム」としての髭が認められるかもしれませんが、あくまでもキャラクターの依存度が高く誰でも生やしてもOKかと言われると、違うと思うのですね。


日本は個人の実力よりも、「人柄」と「空気」を重要視する社会なので、上司が生やしていないと難しいかもしれませんね。


また、営業マンの髭に限らず、人間関係は第一印象が大事だということは全ての職業に当てはまることだと思うのですね。


その中でも特に、人間関係を一から築いていく営業のお仕事は第一印象が重要になってきます。


だけど、毎朝の髭剃りを何十年と続けていくのは正直面倒くさいと思うんですね。


このブログでは、営業マンである、あなたの髭を減毛(薄くする)や、完全にツルツルにすることができる、メンズ髭脱毛サロンと脱毛器をピックアップして紹介していますので、営業マンの身だしなみの参考になれば幸いです。
↓ ↓ ↓

>毎朝の髭剃りを無くす!メンズ脱毛特集ページ


営業マン・髭のポイント


営業マンの髭のポイントは、


・営業マンでも髭を生やしたいのか?


・それとも、ヒゲを減毛したり、なくして清潔なイメージを与えたいのか?


どこにゴールを設定するかで、対応は大きく変わってきます。


日本の会社組織では、ヒゲがきちんと処理されてるということは、「自己管理能力」のある組織人、という暗黙の了解にも似た価値観があるのも事実です。


正直に言うと、髭は生やすよりは綺麗に処理してる方が、日本の組織に属してる者としては無難です。


しかし、営業職に就かれてる男性の中にも、きちんと整えられた髭を生やしている人は少ないですがいることはいます。


そして、そういった営業マンの方は、身だしなみ一つ取っても、何がしらの信念みたいなものを持っていて、一本筋が通ってる男性が多いような気がします。


・髭を無くし、爽やかで清潔感のある印象を持ってもらう。


・それとも、きちんとヒゲを整えた上で、仕事に取り組みたい。


どちらにしても、対人関係にとって第一印象はとても重要になってきます。


特に営業職でヒゲを生やしていく場合は、少しだけのコツと押さえておくべきポイントがあります。


職業によって、髭を生やすことはマイナスになることもありますが、私の個人的な経験から言うと、ヒゲを生やすことは営業職にとって、必ずしもマイナスにはなりません。


しかし、本音を言えば、この日本では髭を生やしてサラリーマンをすることは難しいです。


難しいですが、100パーセント無理だということではありません。


営業職や接客業、対面販売をされてる男性のヒゲ問題は、


ちょくちょく、ネットでも、リアルの職場でも問題になります。


個人的には、お客様との信頼関係を築ける自信があり、きちんと髭のお手入れができてる場合は生やしてもOKではないでしょうか。


ただ、空気を重視する日本社会では、これは髭を生やしたいけど我慢している同性の嫉妬や軋轢を覚悟しなければいけないかもしれません。


それを考慮した上で、きちんとしたルールやマナーを自分自身の中でしっかり持って、「エチケット」についても理解することが、より大切になってきます。


確かに、日本でサラリーマンとして働いと時ヒゲを生やすのは相当な覚悟と信念が必要です。


そういった中において、営業職というものを客観的に見てみると、


営業マンと言うポジションは、会社の看板を背負って、社外の人たちとコミニュケーションをする職業だと言えます。


また、営業マン一人ひとりは、その会社の代表という捉え方もできますよね。


もっと、ふみこんでいえば、あなたは、一つの会社の社長とも言えます。


つまり、企業という組織に属してはいるが、お客様にとっては、ひとりひとりが一国一城の主です。


営業マンの印象一つで、会社のイメージが変わってしまうということは大いにありますよね。


髭を生やすことに、ビジネス的にメリットが少ない環境で、あえて髭を生やすということは、それなりの覚悟と責任を伴いますよね。




私は、髭愛好家なので、男性が髭を生やすことには大賛成です。


しかし、現在の日本の社会では、残念ながら営業マンや、対面販売、接客業は、「基本的に」髭を剃ることが印象的に好ましい、とされています。


いや、それ以外の理由でも、サラリーマンなら厳しいかもしれません。


「営業マンは、髭を剃ることがマナーだ!」というふうに捉える人もいます。


「あえて髭を生やすということは、自分本意にしか見えない!」と感じる意見もあります。


本当に多くの反対意見があります。


しかし、なぜ営業マンが髭を生やしたり、剃ったりすることに、誰も明確な答えを提示できないのか?


と、考えてみると、


それは、髭が生えてることへの不快感は、良い意味でも、悪い意味でも、100%、他人という人間に決定権があるからではないでしょうか。


極端に言えば、髭を生やしてることに不快感を感じるのではなく、誰が生やしているのか?または、どこで生やしているのか?


で、不快感のレベルは大きく変わってきます。


今、目の前にいる上司やお客様が、少しでもあなたの髭を不快だと感じるなら、髭を生やしているのは戦略的にミスということになります。


しかし、不快感の判断基準が、明確な数値として設定できないため、剃っていたから正解、生やしていたから不正解、という単純な線引きができないのですね。


そこが、このヒゲ問題の難しいところでもあるわけです。


また、同じ人間でも、経験や体験を積み重ねていくうちに好みは変わってきます。


人間の生理的な不快感の尺度は、一瞬で変化することもあります。


ましてや、体調や気分によって、人の不快感というものは、刻々と大きく変化します。


これが正解!という答えを誰も持ち合わせてないのですね。


それでも、なお髭を生やすことにメリットを感じるのか?


たとえば、あなたが取り扱っている商品やサービスを、お客様が購入するということは、お客様が抱えてる悩みや不安を、解決することができるということだと思います。


だとすれば、髭が生えてるからという理由だけで、お客様から第一印象で弾かれてしまっては、お互いにもったいないです。


営業マンであるあなたも、その商品を購入することで悩みが解決できていたはずのお客様にとっても不幸です。


どう自分を演出するのか、どのように自分をプレゼンするのか、も含めたことが、営業職の難しいところでもありますし、面白いところでもあります。




営業職、接客業、対面販売といったサービス業は、ある意味タレント業と同じで人気商売かもしれません。


だから、自分を演出することに努力と失敗はつきものです。


それでも、髭を生やしたければ、きちんとした信念と責任が必要です。


しかし、逆にヒゲを毎日綺麗に処理していることも、営業マンとしてのひとつの信念の表れでもあると思います。


もし、これを機会にヒゲを薄くすることを考えてるなら、


ヒゲの発毛機能を弱らせる脱毛処理を、始めてみるのも悪くないと思います。


このブログでは、家庭用の脱毛器とメンズ脱毛サロンでの、髭脱毛を提案しています。


自分のライフスタイルに合わせて選択してもらえたら幸いです。


ヒゲの剃り残しは、顔の印象に大きな影響を与えてしまうのは事実です。


青髭や剃り残しがあっては、不衛生だと思われることもあります。また、自分自身でも剃り残しがあったら嫌ですよね。


また、女性によっては、男性のヒゲ処理跡を生理的に受け付けません。


もし、「出勤前の髭剃りって面倒くさい!」と感じてたことが一度でもあるなら、


髭の脱毛を始めてみてはいかがですか。


毎朝、ヒゲ処理に使っていた時間を、他のことにまわすこともできますよ。


きちんとした正しい脱毛法で、ヒゲを処理することは、営業マンとしての身だしなみの一つだと言えます。


エチケットとしても大切かもしれませんね。


髭を毎朝剃るのは正直面倒くさいと思うんですね。髭剃りの刺激によるニキビや吹出物も辛いです。


しかし、髭の脱毛はツルツルにすることも、薄くすることもできます。毎朝の髭剃りをしなくても良くなりますよ。
↓ ↓ ↓

>髭を無くす!メンズ脱毛特集ページ<


-髭(ヒゲ)脱毛
-, , ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.