体臭

営業中の脇汗や脇のニオイの抑え方が気になる方へ

投稿日:

この記事の所要時間: 354

営業中の脇汗や脇のニオイの抑え方が気になる方へ


営業で外回りをしているのは本当に大変です。

営業 脇汗

クーラーの効いた事務職なら、汗やニオイが気になってもサクッと着替えをしたり、何らかの汗やニオイ対策ができます。


営業職は、お客様との人間関係を築きながら、汗対策もしていかなければいけません。外出先で色々な工夫をしてワキ汗をカバーしていかなければいけないので、本当に大変です。


実は、汗自体にはニオイはなく、汗が脇毛や衣類に付着して、時間の経過とともに濃縮されニオイを作ると言われています。


当たり前すぎて申し訳ないですが、脇汗パット(防臭シート)は優秀ですよ。薄着でも使用してるのがバレませんから、携帯してこまめに取り替えるのは、脇汗とニオイの元を作らないという面では実用的な対策です。


不思議なもので、汗は止まった瞬間にドッと流れ落ちることもあるので、お客様のところに訪問した瞬間に額から滝のように汗が流れ落ちた経験は1度や2度ではないと思うんです。


外回りに行く前にサクッとわき汗パットを新しいものに取り替えておくことも大事ですかね。

たまに「営業って自由に外を周れて良いな〜」ということを聞きますが、お客様のところに訪問して、コミュニケーションを取らなければいけませんので、エチケットといったことを含めて総合的に気を使うとても繊細な仕事です。


営業マンの汗は夏だけではなく、冬もジャケットの汗ジミがひどくニオイが脇部分にこびり付いてなかなか取れない!ということもあります。


実は、冬のスーツ類は断熱効果を重視した素材を使用して開発されてるものが多く、汗がこもりやすく汗っかきには地味に苦痛なんです。


特に、冬のジャケットは汗がこもりやすいので、ワキ汗がひどくお客様の前で上着が脱げない!ということも多いと思うんですね。

脇汗 ジャケット

クリーニングから取ってきたばかりのジャケットが、ワキ汗が1日で染み付いてニオイが取れなくなっては、クリーニング代もバカになりませんし、正直スーツの着回しが間に合わないです。


そういう時に私がやっていたのは、帰宅後にワキ臭を抑えるロールタイプの制汗剤を、ジャケットのワキ部分の衣類に直接塗って、ジャケットを裏返してしてベランダに干しときます。


それでも、ニオイがキツイときは1日でニオイがとれませんが、この流れを繰り返しながら誤魔化し、誤魔化し、スーツをローテーションで着ていましたね。。。


また、営業の外回りでワキ汗を感じてニオイが気になりだすこともあります。


その場合の対策として、タオルやハンカチでこまめに汗を拭き取ったり、制汗シートを使ったりするのではないでしょうか。


人間だから仕方がないのですが、汗対策ができているかどうかで、営業職は仕事に影響がでますし、エチケットとして見た場合、相手に気遣いができない人間というレッテルを貼られてしまうリスクもありますよね。


そういった視点で見てみると、営業職は本当に総合的なお仕事ですよね。ご苦労様です。


事務仕事などが比較的、専門職に特化しているというのではれば、格闘技に例えるなら空手や柔道、レスリング、といったところかな。


それに比べると、営業マンは総合格闘技ですね。あらゆることに気を配り、それこそ総合的な気配りが求められる高度な職業です。


だから、緊張と気配りの連続で汗をかきやすい職業なんですよね。


今は、色々なワキ汗とニオイを抑える安価な制汗剤が、コンビニなどで気軽に購入できると思うんですね。


こういった安い殺菌効果のある制汗剤を1つ持っておいて、上着のワキ部分に直接裏の部分から塗るというのもニオイを抑える対策の1つです。


肌に直接塗るデオドラントと、衣類に直接塗るやつを使い分けるのも良いですよ。


しかし、体質や食生活などのライフスタイルによっても、制汗剤と体質の相性の良し悪しはあると思うんですね。


特に、外回りが多い営業マンの方は、普通の職業の人よりも汗をできるだけ防御しとかなければいけません。


だから、先程もお伝えしたように、肌用とは別に安価な殺菌効果のある使い捨てタイプの制汗剤を、衣類のワキ部分に直接ぬり、ワキの肌用として持続効果の高いクリームやスプレーなどを組み合わせて乗り切るといった使い方の工夫も重要になってきます。


最悪、外出先で制汗剤を忘れた時の応急処置として、相手先でトイレを借りて、十分に脇部分の汗を拭き取った後、唾液を直接脇部分に塗ってもOKです。


唾液は殺菌効果がありますので、応急処置として使えるんじゃないかな。こういう対策もあるというのをネタとして覚えておいても損はないですよ。


営業マンのワキ汗やニオイは職業的にとても気になると思うんですね。


訪問先で少しでもニオイがあれば気配りができない人間だと思われないか、とても不安になり商談に集中できなくなります。


また、汗は体感的に感じやすいですが、自分のワキのニオイはなかなか気が付きにくいですよね。だから不安だと思うんですね。


しかし、脇汗とワキ臭に特化したデオドラントを上手に活用することで、汗と体臭に対する不安やストレスを少しでも下げることができれば、商談に集中できるようになり仕事や対人関係もスムーズに動き出しますね。

>脇汗ワキ臭デオドラント特集コラム<


-体臭
-, ,

Copyright© メンズ脱毛|男の脱毛サロンを紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.