陰毛の脱毛

男のvio脱毛!vio(隠部)脱毛前の参考にしてください!

投稿日:

この記事の所要時間: 716


男のvio(竿・玉袋・肛門)脱毛は、どこで脱毛したら良いのか迷います。


男の毛深いvio(隠部)は毛が生えていてもメリットにはなりませんので、できるだけ早く脱毛してスッキリしたいです。


特に、肛門まわりが毛深いなら、脱毛してスッキリすると衛生的にも良くなり見た目も綺麗になります。


男の太く濃いvio(ビキニ・玉袋・肛門まわり)を脱毛するのに、どこを選択して良いのか迷ってるなら、脱毛業界で長年頑張ってるサロンやクリニックを選ばれてみてはいかがですか。


ツイッターなどで口コミが拡散する時代の中にあっても、浮き沈みの激しい脱毛業界で長年ユーザーから支持され続けているところを選んどけば大きな失敗はありません。


このブログでは、ただ料金が安いということを売りにして、価格競争をしてるようなサロンではなく、分かりやすい料金設定、脱毛技術、接客態度などを含めて、長年、メンズ脱毛業界を牽引してきた男性専門のサロンやクリニックを紹介していますので、参考にしてください。


また、24時間体制のサービス業(ホテルマンなど)に就いてる男性や、昼と夜の生活が逆転してる(居酒屋勤務など)男性などは、どうしても脱毛サロンやクリニックに1年、2年と通い続けることは難しいです。

(男のvio脱毛は、1回、2回では完了することはなく、少なくても半年から1年以上、通うことを目安にしときましょう。)


そういうホテルマンや飲食業勤務の男性は、休みを合わせて通い続けるのは難しいので、新しくパワーアップした家庭用の脱毛器を視野に入れてみてください。


仕事が忙しい時期に予約を入れて通い続けることもなく、せっかくの休みをサロンやクリニックに潰されることなく自宅でvio(陰部)脱毛ができますので、脱毛器も参考にしてみてください。


脱毛初心者におすすめです。
↓ ↓ ↓

>メンズ脱毛特集ページ<


男のv(ビキニライン)vio脱毛


vラインは太ももの付け根から腰骨にかけてのラインを言います。


ブリーフタイプのパンツを履いて、太ももの付け根からはみ出す部分を指します。


男の vio脱毛

VIOの脱毛はメンズ脱毛でも非常に人気があります。


vラインは正面から見た時の印象に影響を与え、綺麗に整えてるvラインは清潔感があり不快な印象は与えません。


脱毛法は、カミソリや除毛クリームなどの一時的な処理法もありますが、一般的にはメンズ脱毛サロンやクリニックの脱毛が長い目で見るとコスパも良く人気あります。


このブログでも紹介しているメンズ脱毛サロンやクリニックでは、ツルツルに脱毛したり、ナチュラルに仕上げることもできます。


また、デザイン脱毛(逆三角・長方形・扇型など)もできますので、脱毛技能士の方にリクエストしてください。


男のiライン(玉袋)vio脱毛


iラインは玉袋の毛と肛門までの間を指します。


vio 男 脱毛

玉袋まわりにびっしり毛が生えてると、群れや臭いや汚れるリスクが高くなります。


玉袋の毛や、その周辺のムダ毛処理を自分で行うのはなかなか難しいものがあり、このブログで紹介している脱毛サロンの熟練した脱毛技能士の方にお願いして、臨機応変に処理してもらうのがおすすめです。


家庭用の脱毛器で処理するには、iライン専用のヒートカッターや専用のアイテムと一緒に活用しながら脱毛していくのがポイントです。(無理に脱毛器だけで処理するのではなく、臨機応変に対応しましょう。)


男のoライン(肛門まわり)vio脱毛


oライン(肛門まわり)のムダ毛は、普段、なかなか自分で確認することが難しく自分で想像してる以上に毛が生えているという男性は多いんじゃないかな。


男 肛門脱毛

特に、oライン(肛門まわり)のムダ毛は、普段から処理する機会も少なく、ほとんどの男性の肛門まわりには毛が生えています。


>oライン脱毛(男性)コラム<


肛門まわりにムダ毛が生えてることによるメリットというのは全くなく、できるだけ綺麗に整えて清潔感を保つことが大事です。


肛門まわりは、いざという時のために綺麗にしとくのが重要です。


特に、i(玉袋)、o(肛門まわり)の脱毛は、エチケットという面では他人のために綺麗に処理しとくことはとても大切です。


また、清潔感ということを考えてみると、vio(隠部)の脱毛は、自分のためにもなります。


例えば、病院での診察・検査の時に、肛門まわりに毛が生えてるのと、綺麗に脱毛しているのとでは、与える印象も違います。


また、綺麗に脱毛している肛門と、ボーボーに毛が生えてる肛門とでは、初エッチの時に相手に与えるインパクトもかなり変わってきます。


特に肛門まわりは、普段から頻繁に確認するような箇所ではありません。


一度、しっかり脱毛しとけば、いざという時の処理忘れといったトラブルを引き起こすリスクもなくすことができます。


男のvio脱毛法は?


こうして見ていきますと、男のvio(陰部)脱毛は、見た目というエチケットな部分もすごく大事な要素になりますが、群れや臭いといった清潔感という面から見ても重要になってきます。


男のvio処理は大きく分けると4つあります。


  • カミソリや電気シェーバー
  • 除毛クリーム
  • メンズ脱毛サロン&クリニック
  • 家庭用の脱毛器

  • カミソリや電気シェーバー


    カミソリは広範囲を短時間で処理することができ、一般的に一番多くの方がおこなってる処理法です。


    安価で始められ、スピード重視の方には人気があります。


    しかし、肌の弱い人や敏感肌の人は、カミソリ負けを起こすこともあり注意が必要です。


    また、一時的な処理法なので、すぐに生えてきます。


    除毛クリーム


    除毛クリーム(除毛剤)は、体毛がアルカリ性に弱いという性質を利用して溶かしていく除毛法です。


    カミソリ同様、気軽に始められ、短時間で広範囲を処理できるので人気があります。


    しかし、人によっては肌荒れや皮膚アレルギーを引き起こすリスクもあり、肌の負担を考えると頻繁に使用するのには向いていません。


    また、化学反応を利用して毛を溶かしていきますので、デリケートなvio(陰部)の脱毛にはおすすめできません。


    メンズ脱毛サロン&クリニック


    クリニックの脱毛は、レーザー脱毛を使用してvio(隠部)を脱毛していきます。


    「できるだけ永久脱毛したい!」という男性には、レーザー脱毛は人気があり、多くの男性に支持されています。


    脱毛サロンは、フラッシュ脱毛という脱毛技術を採用しています。


    永久脱毛ではありませんが、毛根から照射して毛の発毛機能を弱める基本原理は、クリニックのレーザー脱毛と同じです。


    レーザー脱毛に比べて痛みを抑えられ、肌に優しい脱毛法で人気があります。(レーザー脱毛の痛さに耐えられなかった男性がフラッシュ脱毛に変更することもあります。


    痛みの限度は個人差がありますが、痛みを和らげるために様々な処置法が確立されていて、デリケートな男のvio(陰部)脱毛にはおすすめです。


    家庭用の脱毛器


    家庭用の脱毛器は、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛という脱毛技術を採用しています。


    毛根からメラニン(黒)に反応させ、毛の発毛機能を弱めて徐々に減毛させていきます。


    家庭用の脱毛器は、サロンやクリニックの業務用の脱毛機に比べると出力が弱いと思われがちです。


    しかし、このブログで紹介している脱毛器は、コンデンサー(出力に影響を与える心臓部分)が、一般的な脱毛器に比べて4倍も搭載されていて出力が大幅にアップされています。


    一度購入しとけば契約に縛られることなく、自宅にいながら誰にも見られず、納得いくまでvioの脱毛ができます。


    他人にvio(竿・玉袋・肛門)を見せるのに抵抗がある人や、施術中の勃起の心配がある男性におすすめです。


    自宅にいながら自分の都合で脱毛できるという需要は根強くあり、5年以上も多くの男性に支持されています。


    男のvio脱毛・まとめ


    vio(陰部)のムダ毛は、普段、自分で確認することが難しい箇所です。


    隠部に体毛がびっしり生えてると、蒸れや臭いの元になり、衛生的な面から見ても良くないです。


    特に、oライン(肛門)に生えているムダ毛は、トイレ後の処理や、汗、汚れなどが付着しやすい箇所で、臭いの元にもなります。


    初エッチや病院の診察検査の時に、vio(竿・玉袋・肛門)が汚れていると衛生的な面とエチケットとしての面から見ても印象に大きく影響します。


    このブログでは、メンズ脱毛業界を長い間、牽引してきた脱毛サロンや、クリニックをピックアップして紹介しています。


    また、仕事が忙しく1年、2年とサロンやクリニックに通うことができない職業の男性の方には、パワーアップした家庭用の脱毛器も紹介しています。


    隠部(ペニス・玉袋・肛門)を他人に見られるのに抵抗があったり、サロンやクリニックでの脱毛中の勃起の不安がある男性にもおすすめです。


    毛深い体質は、他人の視線を集めてしまい対人関係にも影響を与えてしまいます。


    しかし、vio(隠部)は、他人の目に触れる機会も少なく、何も処理してない男性は多いです。


    ただ、肛門まわりは、ほとんどの男性は少なからず生えています。


    そういった状況の中で、日頃から綺麗に脱毛してる隠部と、何も処理していない隠部とでは、受けるイメージは大きく異なります。


    もちろん、肛門まわりは「臭い」を感じるのかもしれません。


    先ほどもお伝えしたように、このブログは男のvioをしっかり脱毛してくれる脱毛サロンと、自宅にいながらvioの脱毛ができる家庭用の脱毛器をピックアップして紹介しています。


    剛毛な男のvio(竿・玉袋・肛門)の脱毛の参考にしてください。
    ↓ ↓ ↓

    >メンズ脱毛特集ページ<


    -陰毛の脱毛
    -, ,

    Copyright© 男の最強メンズ脱毛!脱毛してカッコよくなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.