男の脱毛器

敏感肌や毛嚢炎でケノンを迷ってるあなたへ

投稿日:

この記事の所要時間: 251

敏感肌や毛嚢炎でケノンを迷ってるあなたへ


ケノンは、脱毛した直後でも、いつものようにカミソリで処理することができます。


稀に、レーザーのような強い照射レベルの脱毛処理をすると、肌質によっては毛嚢炎を引き起こすこともあり、日常の中でカミソリ処理ができなくなる人もいるようです。


ケノンは家庭用の脱毛器です。医療レーザー脱毛のように強力なパワーを持っていないところが、逆に毛穴に負担を与えず、炎症や毛嚢炎になるリスクを減らすことができるのですね。


毛嚢炎やカミソリ負けになりやすい敏感肌のあなたの脱毛処理に、ケノンの脱毛パワーは、程よい加減で向いています。




1〜2回の照射回数で、体毛が劇的に薄くなり弱くならないため、脱毛直後の髭剃りも普通に剃ることができ、毛嚢炎になる心配はありません。


肌に負担のない感じでゆっくり体毛や髭を弱らせていきますので、脱毛を急いでいる人には向いていないのかもしれません。


しかし、自分の肌の調子や毛の生え方を見ながら、照射レベルを調整したり、回数を増やしたり減らしたりすることができるので、ケノンは毛嚢炎にかぎらず、毛穴に負担を与える心配のない脱毛器かな、という印象です。




レーザー脱毛を始めると、毛嚢炎になるということを聴きますが、美容クリニックはお医者さんがいますので、毛嚢炎に対する処置はきちんとしています。


また、レーザー脱毛は人によっては刺激が強すぎて、一時的に毛穴が炎症を起こし毛嚢炎になる可能性もあると思うんです。しかし、そこはドクターやスタッフさん達が照射レベルを落としながら、お客さんと相談して脱毛を進めていくので大丈夫です。


それに対してケノンの場合は、フラッシュ脱毛という技術を家庭用に採用している脱毛器です。


医療レーザーに比べるとパワーを家庭用に抑えているので、ある程度(5〜6回)定期的に照射を繰り返して行わなければ脱毛効果を目で実感することができません。


確かに、パワーは抑えられてるかもしれませんが、だからこそ毛嚢炎や毛穴トラブルになりにくいというメリットもあるのではないでしょうか。


ケノンは一般的な脱毛サロンさんの多くが採用しているフラッシュ脱毛という技術を家庭用に採用して日本で開発・製造されてる純日本製の脱毛器です。


海外製とは違って、日本人の肌質に合わせて開発されてる脱毛器だと思うんですね。


医療レーザー脱毛のように永久脱毛ではありませんが、定期的に照射を繰り返すことで、体毛の成長機能を弱らせて毛を少しずつ薄くさせていきます。


フラッシュ脱毛を使用したからといって、毛嚢炎が改善したり、逆に毛嚢炎を誘発させたりということはないと思うので、もし、毛嚢炎やカミソリ負けが慢性化している敏感肌なら、ケノンでの脱毛は向いています。


もちろん、ケノンで毛嚢炎自体は治りません。そもそも炎症を完治させる医療アイテムではありませんので、毛嚢炎専用の軟膏や病院を受診することをお勧めします。


しかし、ケノンで脱毛することにより、体毛の発育機能を弱らせて毛を薄くさせます。徐々にムダ毛処理の回数が減っていき、毛嚢炎になるリスクを減らすことはできます。


強力な脱毛処理が肌に合わずに、髭脱毛に関して、口の周りが毛嚢炎になることもあるかもしれません。


また、仕事によってはマスクで隠したりする必要が出てくるかもしれません。しかし、マスクの使用が難しい職種もあります。接客業やサービス業、オープンキッチンの料理人の方の脱毛には肌への負担が少ないケノンは向いています。


毛嚢炎は、毛抜きを始めとする自己処理が主な原因です。


ケノンで体毛の発毛機能を弱らせていくことで、ムダ毛処理の回数が徐々に減っていきますので、結果的に毛穴の炎症もなくなり毛嚢炎や毛穴トラブルはなくなります。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ケノン・公式サイトはこちら


-男の脱毛器
-, ,

Copyright© 男の最強メンズ脱毛!脱毛してカッコよくなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.