髭(ヒゲ)脱毛

髭剃りが面倒くさい!髭の発毛機能を弱めて10分多く寝よう!

投稿日:

この記事の所要時間: 612

髭剃り面倒くさい


朝の髭剃りは面倒くさいと思うんですね。髭剃りをしないですむならば、もっと余裕も持って朝の準備ができたり、もう少し眠ることもできます。


また、真冬の髭剃りは、本当に寒いですし、それが仕事だから仕方がないと割り切っても、この髭剃りの作業が、今後、20年、30年、40年、続くかと思うと辛いものがありますよね。


職種や会社によっては、髭を伸ばしても大丈夫なところもありますが、まだまだ日本では少ないのが現実だと思います。


面倒くさい毎朝の髭剃りを止めませんか


髭剃りを徐々に少なくさせるには、カミソリで剃るというテクニックや電気シェーバーといった髭剃りアイテムを上手く使うということも大事です。


しかし、テクニックでは、直ぐに新しい髭が生えてきますので、毎朝の髭剃りをストップさせる根本的な解決策にはなりません。


実際にやってみれば分かりますが、1つの解決策として、毛根レベルから髭にダメージを与えて髭の発毛機能を弱めて薄くさせていきませんか。


具体的に髭が生えてくるスピードが遅くなり、生える間隔も長くなってきます。


このブログでは家庭用の脱毛器を紹介していますが、髭剃りのテクニックといった一時的な解決さくではなく、髭の成長機能を弱めて生えてくるスピードを遅くさせるので、毎朝の髭剃りをする必要がなくなるのを実感できますよ。


今すぐに脱毛を始める!という訳にはいかないと思いますが、髭剃りを無くす解決策として視野に入れてみても良いのではないでしょうか。


徐々に生えてこなくなるから、コスパも良いし将来的にみても損しないと思うんだけどな。。。


毎日5分〜10分の髭剃りを毎朝してるなら、5分の髭剃りだと1年間で30時間、10分の髭剃りだと1年間で60時間も毎朝、髭剃りをしてることになります。


30時間(10年で約12.5日)

60時間(10年で25日)

ちなみに、睡眠時間8時間として、人生80年のうち私達は26~27年も寝ている計算になります。

また、1日朝、昼、夜、と合わせてトータルで2時間食事休憩と取るとして、人生80年で6年以上も食事に時間を使ってる計算になります。

トイレは1日、10分使うとして、人生80年で200日もトイレの中で過ごしています。

睡眠時間25年として、食事に6年間で、トータル32年間も使っている計算になります。

80(人生)ー32(睡眠+食事)=42年間です。

人生の中で自由にできる時間って意外にないですね ^^;

  • まとめ
  • 髭脱毛なら髭剃りの時間を減らして好きなこと使える!




    家庭用の脱毛器で毛根レベルから脱毛すると、毛質や体質にもよるけど、4~5日に1回、1週間に1回のペースで髭剃りを抑えられることもできます。


    もちろん、回数に個人差はありますが、少なくとも毎朝の髭剃りをする必要がなくなるのを実感できますよ。


    また、カミソリから電気カミソリ(シェーバー)に替えても、重度の敏感肌でカミソリ負けを頻繁に起こしてしまう場合の、髭剃りはマジで辛いと思うのですね。


    電気カミソリでカミソリ負けになったと言う男性は、意外に多いと思います。髭剃りの性能にもよっても変わってくると思いますが、肌への刺激には変わりはないですよね。(剃り後に化粧水を使用するとラクになるかも)


    電気シェーバーやカミソリは、このブログで何度もお伝えしてるように、短時間でスピーディーに広範囲を処理することができます。


    たぶん、現時点でカミソリと電気シェーバーがいちばん早くラクに髭処理ができる方法だと思います。たぶん、この方法が金銭的に現実的なのかな。。。


    見た目も綺麗で安全な処理法のようにも感じられますしね。


    ただ、高級な電気シェーバーは1本5〜6万はしますよね。


    それに近い金額で髭の発毛機能を弱めて徐々に薄くさせる家庭用の脱毛器はコスパがめちゃくちゃ良いと思うんですがね。


    また、これは良く言われてるのでご存知だと思いますが、カミソリは、薄い角質もいっしょに剃り落とすことにより、乾燥して痒みがでてきたり、毛穴から炎症を起こしてしまい毛嚢炎を引き起こすリスクは高いです。


    とくに、敏感肌で肌が弱い人はカミソリ負けになりやすく、肌が赤くなりヒリヒリとほてりを感じることもあると思うのですね。


    また、カミソリ負けは何度も繰り返していると慢性化しやすいそうです。


    たまに毎日の髭剃りが面倒くさいからといって、毛抜きで髭を抜いている男性もいますが、毛抜き処理は、最も危険だと言われている処理法です。生きている毛を強引に抜くわけですから. . .


    別に脅してるのではなく、強引に生きてる毛を引き抜くことで毛根内部で炎症を起こしてしまい、雑菌が入って膿をもつこともあります。


    また、ニキビや吹き出物の原因になったり、途中でちぎれた髭が毛穴の奥で成長する埋没毛になることもあります。


    埋没毛になると、毛穴が黒ズンで見えてしまい、綺麗に剃ってないような印象を他人に与える可能性もあります。


    ちなみに、埋没毛やカミソリ、毛抜きの刺激で色素沈着になったときの対処法の記事もアップしていますので、参考にしてもらえると嬉しいですね。


    髭が濃く太い男性の場合は、夕方に生えてくることもあり、仕事によっては職場でもう一度剃り直さなければいけない男性もいると思うのですね。


    そういうことを繰り返していると、面倒くさいですし、カミソリ負けで皮膚が赤くなったり、同じところにニキビが出来てしまうという肌にもなりかねません。


    髭剃りは、剃ることも面倒くさいですが、剃った後のスキンケアも意外にめんどうだと思うのですね。


    また、髭が濃い男性の場合は、剃った後の毛穴が目立ってしまい、それが光の反射で青髭に見られてる可能性もあります。


    もし、営業マンやホテルマン、接客業など、ヒゲの剃り残しや剃り跡(毛穴)が仕事に直接影響する職業に就いてる男性は、髭の脱毛(減毛)をしてみてはいかがですか。


    脱毛(減毛)というのは、このブログで紹介している家庭用の脱毛器とメンズ脱毛サロン店であなたの好みに合わせて髭をツルツルに脱毛したり、減毛(薄くさせる)してくれます。


    ツルツルにすることに抵抗がある、という男性にも気軽にできる髭脱毛です。


    髭を薄くすることで、朝の髭剃りがだいぶラクになりますよ。


    家庭用の脱毛器とメンズ脱毛サロンは永久脱毛ではありませんので、定期的な間隔て脱毛処理をしていかなければいけませんが、髭を毛根から弱らせて薄くしていきます。


    ちなみに、実際にやってみれば分かりますが、紹介している脱毛器は基本が2週間に1度のペースで毛穴から脱毛していきます。


    ただ、どうしても定期的にお店(サロンやクリニック)に通い続けることが難しい職場で働いている場合や、時間を作るのがめんどくさい方には、契約に縛られることなく、あなたの自由に自宅でおこなえる家庭用の脱毛器の脱毛スタイルが向いています。


    家庭用の脱毛器なら、あなたの都合に合わせて自宅で何度も髭の脱毛することができます。


    個人差はありますが、たぶん、5、6回くらいの照射回数で、髭が弱ってきた、という実感が分かると思いますよ。


    脱毛は回数を重ねることがポイントなので、家庭用の脱毛器ならあなたの納得いくまで繰り返し髭脱毛ができますね。


    だんだん、髭が生えてくる周期の間隔が長くなると、めんどくさい毎朝の髭剃りをする必要性がなくなるのを実感できます。


    ヒゲを脱毛をすると、髭が生えてくる間隔が長くなってきますので、めんどくさい髭剃りが毎朝する必要がなくなり、ラクになると思いますよ。


    髭処理の解決策の1つとして、家庭用の脱毛器も視野に入れてみてくださいね。


    毎朝の髭剃りがめんどくさい!と感じるなら家庭用の脱毛器です。


    髭剃りは本当に面倒くさいです。


    髭剃りを毎日しなくなればあと10分は寝てられるし、他のことに時間を使えますね。


    男の髭剃りは、例えニキビがあっても、吹き出物があっても、毛穴が炎症を起こして毛嚢炎になっていても、その肌にカミソリで剃らなければいけないので痛いときもあると思うんですね。


    家庭用の脱毛器で定期的に脱毛していけば、だんだん髭が生えてくるスピードが遅くなり、毎朝の髭剃りをする必要がないことを実感できますよ。
    ↓ ↓ ↓

    >髭脱毛器ケノン・詳細コラム<


    -髭(ヒゲ)脱毛
    -, ,

    Copyright© 男の最強メンズ脱毛!脱毛してカッコよくなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.