髭(ヒゲ)脱毛

髭剃り後の肌荒れケアに試したいクリーム!

投稿日:

この記事の所要時間: 447


体質的に肌が弱かったり、敏感肌だったりすると、髭剃り後は肌が乾燥してしまいます。


また、痒みが増したり、ヒリヒリして赤くなり、軽い火傷のように炎症を起こすこともあります。


俗に言うカミソリ負けというやつですよね。酷くなれば、少しの刺激でも痛みが増してきたり、ニキビや毛嚢炎(もうのうえん)、埋没毛を引き起こすこともあります。

髭剃り後 かゆみ 肌荒れ

肌荒れにともなう炎症、かゆみ、カサつきや乾燥といった肌トラブルの多くの場合は、直接、薬を付けて静かに見守るということで、だいたいの肌荒れは治ると思うんですよね。


少なくとも今よりは悪化することはないはず。


しかし、男性の髭剃りに関する肌荒れの悩みは、他の肌トラブルとは少しだけ状況が違います。


それは、どんなに肌が荒れて痛いからといって、髭を剃ることを止めることができないんですよね。


仮に1日2日と髭剃りを休むことはできても、1〜2週間、肌トラブルが完治するまで髭剃りをストップする!ということは、社会人なら難しいと思います。特に、サラリーマンは厳しいですよね。


例えば、どんなにヒゲ剃り後に肌が赤くなりヒリヒリしても、髭剃り後に痒みが増しても、髭剃り後にカサついてボロボロになっても、また明日も髭を剃り続けなければいけないということ。


これ、マジで辛いですよね。


他の肌トラブルのように、薬を塗布して患部の腫れや赤みやヒリヒリ感が落ち着くまでそっと静かに見守るというということができないのが、他の肌荒れとは違い、髭剃りでできた肌荒れの辛いところです。。。


刺激で赤くヒリヒリした皮膚に、再びカミソリの刃を押し当てなければいけないのはマジで泣きたくなると思うんですね。


これは肌が繊細で敏感肌の人じゃないと理解できない問題だと思います。


もし、今までオロナインH軟膏や、それに似たクリームなどを使っているなら、もう少し肌荒れの炎症やかゆみに適した、医薬品やクリーム、エッセンスタイプを使用して本気で治してみませんか。


ただ、めちゃくちゃ肌が荒れている場合は、皮膚科で通ってくださいね。


どれだけ良いクリームだとしても、あなたの肌との相性もありますので、もしかするとそのクリームが肌への刺激につながってるかもしれません。


「あれっ?」と感じたらお医者さんに相談するのが近道です。


でも、すぐに病院に行くもの時間がないし、できれば自分で髭剃り後の肌荒れは治したいですよね。


先程もお伝えしたように、今現在、よくあるような保湿クリームなどを使用しても、髭剃り後の肌荒れが全然治らない!という状況なら、医薬品やクリーム、エッセンスタイプの治療薬を試してみる価値はあります。


たとえば、大手化粧品メーカーの資生堂(SHISEIDO)から発売されている、顔の肌トラブルに始めやすいエッセンスタイプの治療薬、「IHADA(イハダ)プリスクリードD」を髭剃り後のヒリヒリして痒みがでてきた荒れた肌に試してみてはいかがでしょうか。


「IHADA(イハダ)プリスクリードD」の特徴は、肌の表面と内側の炎症にはたらきかけて、炎症を鎮める効果があるそうです。


エッセンスタイプだから、しっとりしていて、肌に馴染みやすいんじゃないかな。


ニオイもないから付けていてもバレないし、ニオイが苦手という人にも大丈夫ですね。


値段もお手頃だし、1本購入して1週間くらい試しに使用してみても良いかもです。


カバンに入れといて、洗顔後にトイレでサクッと塗り直しても良いですね。


ちなみに、IHADA(イハダ)プリスクリードDの効能と効果は、皮膚炎・かゆみ・かぶれ・湿疹・あせも・おむつかぶれ・といった症状に効果があるそうです。


おむつかぶれに使えるということは赤ちゃんにも使用できるくらいだから、肌に優しいんじゃないでしょうか。


髭剃り後のヒリヒリした肌荒れや、痒みやかぶれ、乾燥肌に試してみる価値はあると思います。


髭剃り後の肌荒れ

資生堂IHADA


髭剃り後の肌荒れが本当にジュクジュクしていたり、カミソリでニキビや吹き出物を削ってしまい血だらけになっていたり、赤くかぶれていたりする場合は、炎症を抑えてくれる薬を塗ってマスクなどを着用して清潔に保ちながら過ごしてくださいね。


マスクは、できれるだけ毎日取り替えるのがポイント。


今は、接客業でもマスクを付けてもOKな時代になってきましたので、あまり無理しないで上司にマスクを着用する理由を説明して着用すると良いかも。


その時は、あくまでも見た目や衛生的なめんから、お客さんにエチケットとして迷惑をかけたくないという理由で説明したほうが納得しやすいと思います。


髭剃りのテクニックも、色々なサイトやメディアで伝えていますよね。


タオルなどをレンジで軽くチンしてホットタオルを作るのも良いかも。


また、お湯に浸して温めたタオルで、髭剃り前の肌を十分に温めて毛穴を広げることも大事です。


しかし、ぶっちゃけ言うと、髭剃りのテクニックをいくら覚えても、ひげ剃り後の肌荒れを根本的に解決させることはできないんですよね。


もちろん、髭剃りを上手に剃るテクニックは肌にとっても凄く意味はあります。


でも、本当の解決策は髭剃りの回数を減らすことなんです。


できるだけ、毎朝の髭剃りをしなくなれば、皮膚への刺激と負担を最小限に抑えることができますので、「髭剃りをしない!」というのが、本当の正解なんですがね。。。


もし、将来的に、髭剃り後にヒリヒリしたり、かぶれたり、痒みがでたり、といった肌荒れを根本的になくしたいなら、このブログで紹介している家庭用の脱毛器も視野に入れてみてくださいね。


髭を毛根レベルから脱毛すれば、髭が生えるスピードが圧倒的に遅くなります。


毎朝の髭剃りをする必要がなくなりますよ。


結果的に肌への刺激もなくなるので、炎症、痒み、かぶれ、ニキビ、吹き出物、といった肌荒れのリスクをめちゃくちゃ減らすことができます。


高校生や中学生なら、自分のお小遣いで購入することは難しいですが、家族で1台購入して、お父さんの髭脱毛用、お母さんの美顔専用、といった家族で購入するケースもたくさんありますよ。


お父さんやお母さんに公式サイトを観せて、あなたの身体に対するコンプレックスや悩みをきちんと伝えれば分かってもらえると思います。
↓ ↓ ↓

>>脱毛器ケノン・詳細コラムを見てみる


-髭(ヒゲ)脱毛
-, ,

Copyright© 男の最強メンズ脱毛!脱毛してカッコよくなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.