男の脱毛器

脱毛クリームで毛穴が赤くなったら塗り薬で様子をみる

投稿日:

この記事の所要時間: 449

脱毛クリームで毛穴が赤くなったら塗り薬で様子をみる


除毛クリームは、いっけんムダ毛を素早くきれいに処理してくれます。しかし、人によっては肌に合わず毛穴が赤くボツボツになり痛みが発生する場合もあります。


そういう場合は、すぐに除毛クリームの使用は止めて皮膚科に行くか、市販されてるかぶれや炎症を抑える塗り薬を付けて様子を見るようにして下さい。


炎症やかぶれを抑える塗り薬は、薬局やドラッグストアでも購入できます。


できれば、病院に行かずに、市販の薬で毛穴の赤みや炎症を治すことができると楽だと思うんですね。


お勧めは、炎症を抑えてくれる塗薬です。例えば、エスエス製薬からでている外用湿疹皮膚炎用薬の「新スキンセーフ」を試してみても良いかもです。


ムダ毛処理の毛穴の炎症


「新スキンセーフ」は、炎症と痒みを抑えてくれるグリチルレチン酸が配合されていて、ベタつかずに濡ることができ、就寝前に使用しても良いですね。


また、同じエスエス製薬からでている「スキンセーフAPPLEクリーム」も炎症やかぶれを抑えてくれる塗薬です。炎症を起こしている皮膚や湿疹に効果があります。


除毛クリーム 毛穴の炎症


また、アロエは炎症を抑える働きがあると言われています。アロエ系のクリームを持っていても良いかもです。


それから、自宅にオロナインがあれば応急処置として、良いと思いますので様子をみてくださいね。それでも炎症が治らなければ、皮膚科で受診してくだい。




除毛クリームは、お金をかけずに、簡単に素早く処理できるところから、男性や女性にも人気のある除毛法ですよね。


しかし、除毛クリームは、化学反応を利用して毛を除毛します。たとえ低刺激と言われていても炎症やかぶれになる人が多いのも事実です。


せっかく、ムダ毛を処理して綺麗になりたいと思って処理を始めたはずなのに、化学反応を起こして毛穴が赤くボツボツと炎症を起こしてしまっては意味がないです。


除毛クリームや毛抜き処理は、簡単に素早くツルツルにすることができます。しかし、毛穴の炎症やかぶれと言った肌トラブルになりやすいので注意してくださいね。


「簡単」「安い」というムダ毛処理法は、それなりのリスクがあることも考えなければいけません。


体毛は生き物です。ムダ毛という生き物を処理することは意外に難しく奥が深いです。




除毛クリームは、ムダ毛がアルカリに弱いという性質を利用して、化学反応を起こさせ、ケラチンを溶かして除毛する処理法です。


除毛クリームや除毛剤は、皮膚に塗って10分〜20分おいてから拭き取り、水で洗流すものが主流だと思います。また、除毛クリームの成分によっては、ツンとするニオイがするものもありますよね。


簡単にツルツルになりますが、皮膚の上から生えてる「毛のみ」を溶かして処理するので、根本的なムダ毛の解決策にはならず、何度も新しい元気な毛が生えてきます。


化学反応を利用してムダ毛を溶かす処理は、最初は大丈夫でも続けていくうちにアレルギーやかぶれや炎症を起こすリスクがあります。


もし、どうしても除毛クリームを使用しなければいけない状況の場合は、必ず少量をムダ毛に付けてパッチテスト(試し塗り)をしてみて、皮膚炎やかぶれが起こらないか確認してください。


しかし、毛穴が赤く炎症を起こした部位に、例え違うメーカーのものであったとしても、もう一度除毛クリームを使用するのは個人的には止めた方が良いと思います。


剃刀負けは慢性化すると言われているので、除毛クリームの炎症やかぶれも慢性化する可能性もあるかもしれません。そもそもムダ毛を変化させる化学反応は、敏感肌に負担になるのではないでしょうか。


また、除毛クリームがまだ残ってるからといって、繰り返し皮膚に使用しないでくださいね。


かと言って、脱毛ワックスなどの処理法も、無理に毛を抜き取る処理法です。頻繁に行うと、埋没毛(埋もれ毛)や毛嚢炎(もうのうえん)を起こす可能性もあります。




人間の体毛は生き物などで、本当に処理が難しいです。きちんと時間をかけて、毛根から処理していくほうが、結果的に毛穴や皮膚を傷つけずに、お金も安く抑えることができます。


初期投資として最初にお金はかかりますが、ムダ毛を徐々に弱らせていく家庭用の脱毛器に替えてみてはいかがですか。


脱毛はやるだけ薄くなっていくので、毎回の処理がムダになりません。


このブログで紹介している家庭用の脱毛器は、家族で使用していたり、カップル、夫婦で一緒に使用してるケースが多いです。


もし、あなたが学生さんでも、家族で1台持てば、男性のヒゲ脱毛、女性のムダ毛処理というふうに家族みんなで使えますのでコスパは良いです。


家庭用の脱毛器は、毛を溶かすような化学反応を利用した処理法ではなく、痒みや毛穴の炎症や皮膚がかぶれる心配をしなくてもすみますよ。


エステサロンと同等の光フェイシャルの機能も付いているので、カートリッジを交換することで美顔器としても使えます。


また、エステサロンと同じフラッシュ脱毛という技術を採用しているので、美肌と毛穴の引き締め作用も期待でき、実際に脱毛器で処理したヒゲは、毛穴が目立たなくなります。


除毛クリームは素早く処理ができ、いっけん綺麗になりますが、皮膚への負担は蓄積されていき、炎症やかぶれになるリスクはいつもあります。


除毛クリームは、緊急用としての使い方は良いと思いますが、毎回使用するようなメインのムダ毛処理法には向いていないのかな、と思います。


除毛クリームけっきょく、いつまでも元気な毛が生え続けてきますからね。


初期投資はかかりますが、家庭用の脱毛器は1度購入さえしとけば、家族で使えたりします。また、エステサロンやクリニックのように契約をして通うこともありませんので、契約に縛られずに部屋にいながらあなたの納得いくまでムダ毛の脱毛ができますよ。


どうしても、お金をかけることに抵抗があるなら、T字カミソリを使用して優しく剃ることを心がけて下さい。処理後の保湿は脱毛器を使っていてもカミソリであっても大事なので、処理後は忘れずに保湿してくださいね。


しかし、家庭用の脱毛器は、脱毛するたびにムダ毛の発毛機能を弱めていきますので、少しずつ、ムダ毛の処理をしなくても済むようになってきます。


皮膚や毛穴の負担がなくなり、かぶれや炎症といった肌トラブルのリスクを減らしていきますので、脱毛も将来的に考えてみてはいかがですか。

>脱毛器ケノン・詳細コラム


-男の脱毛器
-,

Copyright© 男の最強メンズ脱毛!脱毛してカッコよくなる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.